ヘルパンギーナや口内炎の治療薬!どのくらいで治るのか?

ヘルパンギーナは
主に夏に流行するウイルス性の疾患であり、
子供だけではなく
大人でも感染する可能性があります。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの特徴について

高熱や咽頭痛が特徴であり、
口内炎が発症してしまうこともあります。

attractive beauty skin asian woman

ウイルス性の病気ならば
特効薬があるのではないかと
考える方は多いでしょう。

しかし、
現段階ではヘルパンギーナに
有効な治療薬は見つかっていません。

したがって、
治療法は基本的に対症療法となり、
自然治癒力によって
病気を治していくことになります。

ヘルパンギーナの症状により、
高熱や頭痛などで
苦しんでいる方は
解熱鎮痛剤を使うことによって
症状を緩和することができます。

薬で症状を抑えながら
安静にして体を休めることが大切です。

そうすることによって、
早く治療を終えることができるでしょう。

脱水症状を
引き起こしてしまう可能性があるため、
きちんと水分補給をしましょう。

夏に流行することが多いため、
熱中症対策をちゃんと行うことも大切です。

のどに痛みがあり、
口内炎ができてしまうなど、
食事が困難となるケースがあるのですが、
その場合はアイスクリームを食べることを
おすすめします。

アイスであれば、
のどを冷やす効果があり、
栄養も豊富に含まれているためおすすめです。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの症状と治療

基本的にヘルパンギーナの症状は
4日以内に治ることが多いです。

ただし、
まれに別の病気を併発してしまう
可能性があるため注意しましょう。

合併症となってしまった場合には
きちんと医師に診断してもらい、
治療を受ける必要があります。

ヘルパンギーナは
普段から手洗いをして予防に努めることによって、
感染を防ぐことが可能です。

体の抵抗力を高めるために
体調管理に気をつけることも重要です。

子供でも大人でも感染するリスクがあるため、
特に流行している時期には注意しましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ