マイコプラズマ肺炎と診断されたら!症状や治療・予防について

風邪がなかなか治らないので
仕方なく内科を受診したら、
問診のあとに血液検査をされ、
挙げ句の果てに
「マイコプラズマ肺炎ですね」と
医師に言われて驚いた。

おそらく大半の人が
「マイコプラズマ肺炎」という病名に接するのは、
そういう経緯でしょう。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎の症状について

マイコプラズマ肺炎の主症状は、
長引く咳、発熱、喉の痛み、
鼻水、鼻づまり、頭痛、全身倦怠感などで、
風邪とよく似ています。

風邪のビジネスマン

多少特徴的なのは、
痰がらみでない咳が長く続くことです。

咳は、熱が下がった後も、
3~4週間続きます。

風邪がなかなか治らないで
乾いた咳がしつこく続くという時には、
逆にマイコプラズマ肺炎を
疑った方がいいかもしれません。

免疫力の低い子供に多い病気です。

近年患者として報告されるもののうち
約80%は14歳以下であるとの報告もあります。

ただし大人も、
ストレスや疲労で免疫力が
低下しているときには感染します。

保育所や幼稚園、小学校、
中学校に通っている子供がいる家庭の場合は、
子供が集団の中で感染し、
2~3週間もある潜伏期間の間に
家族に二次感染を起こすケースがしばしばあります。

マイコプラズマ肺炎は、
患者の咳のしぶきを吸い込んだり、
患者と身近で
接触したりすることによって感染します。

多くの人はマイコプラズマに
感染しても気管支炎で済み、
軽い症状が続きますが、
一部の人は肺炎となり、
重症化することもあります。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎と診断されたら

マイコプラズマ肺炎と診断されたら、
まずは水分を補給して
安静を保つことが大切です。

咳や熱に対しては、
市販の風邪薬を使っても構いませんが、
根治するにはやはり抗菌薬が必要です。

かつては、
クラリスなどがよく効きましたが、
今ではクラリスに耐性を持つ
マイコプラズマがほとんどになってしまい、
代わりにミノマイシンが選択されるようになりました。

なお、マイコプラズマ肺炎に罹って重症化し、
発熱が続き、
激しい嘔吐や頭痛等がみられる場合は、
髄膜炎になっている可能性も考えられますので、
直ぐに受診してください。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ