マイコプラズマ肺炎の症状について!子ども・大人の治療方法

マイコプラズマ肺炎は、
肺炎マイコプラズマという
細菌に感染することで
発症する呼吸器感染症です。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎と合併症

子どもに多く見られる病気で、
マイコプラズマ肺炎の
患者の約80%は14歳以下ですが、
大人でも発生することがあります。

a doctor checking the heartrate of a girl

マイコプラズマに感染すると、
通常2~3週間の潜伏期間を経て、
発熱、全身の倦怠感、
頭痛などが起こります。

咳は症状が発生し始めてから
3~5日後に始まることが多く、
はじめは乾いた咳ですが、
経過に伴って咳はだんだん強くなり、
熱が下がった後も3~4週間と長く続きます。

年長児や青年では、
後期には湿った咳になることが
多いとされています。

合併症としては、
中耳炎、
無菌性髄膜炎、
脳炎、
肝炎、
膵炎、
溶血性貧血、
心筋炎、
関節炎、
ギラン・バレー症候群、
スティーブンス・ジョンソン症候群など
多くのものがあることが知られています。

聴診器で
聞いただけでは分からない場合が多く、
場合によっては診断に時間がかかります。

スポンサーリンク

抗菌薬が効かないマイコプラズマ肺炎も登場

マイコプラズマ肺炎の診断は、
血液検査を行い、
血液中に含まれる
マイコプラズマに対する
抗体の量を調べることで行われます。

また、
遺伝子検査により
マイコプラズマのDNAを
直接検出することで、
マイコプラズマ感染を
診断する場合もあります。

マイコプラズマ肺炎の治療には、
マクロライド系やテトラサイクリン系、
ニューキノロン系の抗菌薬が用いられます。

通常外来で治療が行われますが、
重症化した場合など
入院が必要になる場合もあります。

ペニシリン系やセフェム系の抗菌薬は
マイコプラズマに対して効果がありません。

一般的に用いられる抗菌薬としては、
エリスロマイシン、
クラリスロマイシンなどがあります。

近年これらの抗菌薬の
効果がないマイコプラズマが出現しており、
こうした細菌に対しては
別の抗菌薬を用いることで治療が行われます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ