子供のマイコプラズマ肺炎の自然治癒は不可能?薬で治療が安全な理由

スポンサーリンク

「オリンピック肺炎」と呼ばれていた病気があります。

マイコプラズマ肺炎です。マイコプラズマ肺炎は、かつては、4年に1回流行すると、言われてきました。

しかし、近年は、毎年のように流行します。

流行するのは、秋から冬にかけて。症状は、風邪に似ています。

マイコプラズマ肺炎は、自然治癒を待てば良いのでしょうか?

haien

少し年齢が上がった子供は、肺炎に移行しやすい

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ菌に感染したことで、発症する病気です。

マイコプラズマ菌に感染すると、2~3週間の潜伏期間の後に、発病します。

主な症状は、発熱、倦怠感、頭痛、咳、喘鳴などです。症状が悪化すると、肺炎になることがあります。

咳やくしゃみなどで、感染は拡大し、幼稚園や学校で、集団感染を引き起こすことがあります。

子供のマイコプラズマ肺炎は、乳幼児より、年長の幼稚園児や小学生、中学生など、年齢が高い子供の方が、肺炎に移行するケースが多いとされています。

これには、マイコプラズマ菌に対する、患者自身のアレルギー反応が関係していると、言われています。

→マイコプラズマ肺炎の子供の薬はミノマイシンやオゼックス・ジスロマックの副作用は!?

 

マイコプラズマ菌は、非常に強い

マイコプラズマ肺炎の治療には、3つの選択肢があります。

抗生物質、対症療法、ステロイド剤です。

ステロイド剤は、重症化した時に使われます。

抗生物質を飲むと、胃腸に障りが出る場合、対症療法を希望する人もいます。

ただし、対症療法で自然治癒を待つのは、好ましくないとされています。

マイコプラズマ菌は、非常に強い菌なので、抗生物質を飲まないと、咳が長引きます。

体力の消耗が激しく、自然治癒を待つと、回復までに3ヶ月近くかかることがあります。

抗生物質による治療は、医学的な効果が証明されています。

抗生物質の服用期間は、短くて1週間。

長くて2週間です。抗生物質を服用すると、1ヶ月ほどで、完治します。

胃腸が弱い場合は、抗生物質と一緒に、整腸剤を飲むことで、副作用のケアをします。

スポンサーリンク

→マイコプラズマ肺炎の感染は猫から人へ!人からねこへ感染するのか?

 

さまざまな病気を引き起こす元になるため、早期治療が大切

マイコプラズマ肺炎は、発熱が治っても、咳が長引くことが、少なくありません。

咳がしつこく続いている時に、体のあちこちに炎症性の病気が、引き起こされることがあります。

髄膜炎、中耳炎、肝炎、尿道炎などが、マイコプラズマ肺炎に罹っている時、合併症として起こることがあります。

また、マイコプラズマ肺炎に罹った人の約25%に、皮膚の炎症、腎臓の炎症、関節の炎症、髄膜や脳の炎症などが、現れるとされています。

このような合併症を防ぐため、諸症状からマイコプラズマ肺炎が疑われる場合は、血液検査の結果が出る前に、治療を開始するドクターも、少なくありません。

 

→マイコプラズマ肺炎の子供にじんましん?免疫や症状について!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ