マダニ感染症とは?症状や治療・予防方法について!

あまり聞いたことがないかもしれませんが、

「マダニ感染症」というのが流行ってきています。

名前の由来通りダニが原因の病気の一種です。

 

スポンサーリンク

 

マダニ感染症とは?

名前だけではなくどういった病気なのか?

致死率はかなり多くてマダニというダニに噛まれてしまうと、

SFTSという病気にかかってしまいます。

 

madani

http://www.town.uchiko.ehime.jp/soshiki/6/dani-kansensyou.htmlより引用

 

SFTSというのは重症熱性血小板減少症候群と呼ばれています。

 

医療用語なのでさっぱり理解できないと思いますが、

こちらはウィルスと同じものです。

 

だから刺されてしまうと菌が体内に広がっていき、

最終的には死に至ってしまう可能性もある恐ろしいものです。

 

ダニは目に見えない虫ですが、

種類によってはとても危険だという事を覚えておきましょう!

 

重症熱性血小板減少症候群の他にも

ライム病やマダニ媒介性の回帰熱などがございます。

 

スポンサーリンク

 

症状や治療・予防方法について

一般的には重症熱性血小板減少症候群が多くて、

症状は刺されてしまうと1週間~2週間後に発熱が出てきます。

その際に「嘔吐」をしてしまったり、

「下痢」などを起こしてしまうことがあります。

 

ほかにも運動をしていないのにも関わらず筋肉痛になったり、

痙攣してしまったりするので本当に危険です。

 

それがもっと重症化してくると

最初に述べたように死に至ってしまいますので、

ダニ対策もきちんとされたほうが良いです。

 

では、どうやって予防をすればいいのか?

 

最近だとレイコップとか掃除機が出てきていますよね?

 

布団を外に干すのも日差しを当てて消滅させたほうが良いですが、

黄砂とかでなかなか布団を干すことができない人はレイコップなどの

ダニ消滅掃除機などを購入し毎日布団も掃除するようにしておけば、

マダニに刺されることもなくなります。

 

自分は良くても自分のお子さんなどが刺されてまだ小さいと体も小さいですし、

症状も悪化しやすいので子供のためにも掃除は怠らないようにしましょう!

 

また布団を干す場合は、

取り込むときにきちんとはたいておきましょうね。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ