インフルエンザにリレンザの効果はいつから?

インフルエンザの治療薬として
リレンザやタミフルと
いったものがありますが、
これらを飲むタイミングはとても重要です。

間違えたタイミングで
利用してしまうと、
効果をきちんと
発揮することができなくなります。

スポンサーリンク

インフルエンザウイルス対策のポイント!

ポイントとして、
体内に侵入した
インフルエンザウイルスが増殖して、
その数がピークに達する時に
薬を飲むのが最も効果を発揮します。

医者 健康 ウイルス

インフルエンザウイルスは
その数がピークになると、
感染細胞から別の細胞へと飛び出していきます。

これによって、
体中にウイルスが移ってしまい、
症状が長引いてしまうのです。

リレンザの効果は
ウイルスの増殖を
食い止めることができるため、
感染細胞からウイルスが
飛び出すのを防ぐことができるのです。

そして、
体内でウイルスの数が
ピークになるのは感染してから
48時間以内とされています。

これ以上の時間が
経過してから薬を飲んだとしても、
あまり効果は出ません。

これはきちんと
臨床的に確かめられていることであり、
感染から48時間以上
経過した患者に対して
薬を投与しても効果があったという
有効なデータは存在しないのです。

スポンサーリンク

感染したら早期に薬を飲む事

自分がインフルエンザに感染したと思ったら、
すぐに医師の診療を受けて、
検査を受けることが大切です。

リレンザを早く飲むことができれば、
体内でインフルエンザが
増殖をするのを食い止めることができるため、
周りの人に感染させてしまうのを防ぐことができます。

また、たとえ48時間が経過したとしても、
療薬の効果が出る可能性は0ではないため、
念のため処方されることが多いです。

インフルエンザにかかると、
ひどい症状が出ることが多く、
周りの方にも迷惑をかけてしまう可能性があるため、
適切な治療を受けることが大切です。

治療薬についての正しい知識を身に着けましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ