インフルエンザはリレンザでは熱が下がらないのか?

インフルエンザの
治療薬として
よく利用されることの多いのが
リレンザなのですが、
この薬を飲んでも熱が下がらないという
ケースがあります。

スポンサーリンク

リレンザの解熱効果

インフルエンザを治療するために
用いられる薬として
タミフルは有名ですが、
こちらには解熱の効果が強く出ます。

体温計を持つ女性の手

一方、
リレンザに関しては
元々解熱の作用が小さくなっているため、
この薬を飲んだとしても
あまり熱が下がらないことが多いです。

リレンザの役目としては、
体内でインフルエンザウイルスが
増殖するのを防いでくれることです。

したがって、
熱が下がらなかったとしても、
ウイルスは増殖していないため、
実際には効果が出ているのです。

また、
そもそもインフルエンザを治すのは
薬の力ではなくて、
その人の免疫力です。

体内にある免疫細胞は
発熱によって活発に働くようになり、
これによってウイルスを
どんどん攻撃してやっつけてくれます。

したがって、
下手に熱を下げてしまうと、
免疫力が低下してしまうため、
余計に症状が長引いてしまうかもしれません。

とにかく熱を下げることを
優先する方が多いのですが、
それは逆に治りを遅くしてしまい、
インフルエンザの症状を
重症化させてしまう危険があるのです。

したがって、
リレンザを使って
熱が下がらなかったとしても
それほど問題にする必要はありません。

スポンサーリンク

医師に相談し従う事!

あまりにも熱が高くなってしまい
酷い状態の場合には、
きちんと医師に相談して
解熱作用のある薬を
処方してもらうことが
大切です。

インフルエンザ治療薬の中には
体温をかなり下げてしまい
危険な状態になってしまった
という報告があります。

リレンザに関しては
そのような強い副作用が
生じてしまう可能性は低いため、
安心して飲むことができるのです。

どのような場合にしても
きちんと医師の指示に従うことは大切です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ