インフルエンザに処方されるリレンザの副作用は吐き気や頭痛が出る?

インフルエンザにかかってしまったならば、
すぐに病院へ行って診療を受けるべきです。

その時に、
タミフルやイナビル、
リレンザといった治療薬を
処方されるのが普通です。

スポンサーリンク

リレンザの効果について

インフルエンザを治療するために
リレンザはとても大きな効果を
発揮するのですが、
副作用が生じることがあるため
気をつけましょう。

中学生の息子の熱を確認する母親

そもそも、
リレンザに限らずどのような薬にも
副作用は存在しているため、
そのリスクを完全に0にすることはできません。

きちんと決められた
用法や用量を守ることによって、
副作用を抑えながら薬の効果を
得ることができます。

リレンザの副作用として
代表的なものに吐き気や
頭痛といった症状が出ることがあります。

これ以外にも、
発疹や下痢、
声かかれる、
悪心、
味覚障害といった症状も
報告されています。

これらの症状の中には
そもそもインフルエンザの症状として
出てしまうものも含まれているため、
見分けがつかない場合もあります。

スポンサーリンク

リレンザを使用する際の注意点

リレンザを使ったことによって、
大きな副作用が
生じてしまったのであれば、
医師に相談をしましょう。

副作用が出ているにも関わらず、
そのまま薬を使い続けてしまっては、
症状が悪化してしまう可能性があります。

リスクの少ない薬ですが、
万が一のことが起きる可能性は0ではないため、
その時には適切な対処をしましょう。

上記で説明してきた副作用以外にも
何か気になる症状が出た場合には
すぐに薬を使うのを中止して
医師に相談することをおすすめします。

副作用ではなくて、
ただの勘違いだったという
ケースもありますが、
取り返しの付かない状況になるよりは、
面倒でも医師の話を聞くことの方が大切です。

リレンザは吸引薬であり、
使用方法は普通の薬とは異なる点があるため、
必ず説明をよく聞きましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ