妊娠初期の妊婦がインフルエンザでリレンザを使用したら副作用は?

妊娠初期に
インフルエンザにかかってしまうと、
非常に辛い状態となってしまうため、
早く治したいと思うでしょう。

インフルエンザの症状を抑えるために
効果的な薬として
リレンザというものがあります。

スポンサーリンク

リレンザという薬について

妊娠をしていないのであれば、
リレンザをはじめとして
インフルエンザのための薬を
問題なく飲むことができます。

妊娠初期 インフルエンザ リレンザ

しかし、
妊娠をしている時に
薬を飲んでしまうと
胎児に影響を与えてしまう
可能性があるため気をつけなければいけません。

妊娠初期に
インフルエンザ薬であるリレンザを飲むと
副作用が生じてしまうのでしょうか。

リレンザは吸入薬であり、
肺に直接作用する薬のため、
他の薬に比べて副作用は
少ないとされています。

経口薬の場合は
どうしても体のあちこちに影響が
生じてしまう可能性があり、
胎児にも何らかの悪影響を
及ぼす可能性があります。

したがって、
リレンザは通常の状態であれば
副作用の心配を
ほとんどすることなく
利用することができます。

スポンサーリンク

リレンザは妊娠初期でも安全?

リレンザであれば
妊娠初期の状態ならば、
副作用はなく
安全に飲めるとされています。

もしインフルエンザに
かかってしまったのであれば、
病院へ行って診察を受けることによって、
リレンザを処方してもらえるでしょう。

妊娠中にインフルエンザにかかると
非常に危険な状態になってしまうかもしれないため、
すぐに治療をするべきです。

リレンザは大きな効果を期待できる薬であり、
これまでにも多くの人達が
インフルエンザ治療のために
リレンザを利用しています。

きちんと医師の診療を
受けることができれば、
妊娠初期の方でも薬を
処方してもらえるため安心しましょう。

もちろん、
薬を飲むだけではなくて、
できるだけ安静にしておいて、
インフルエンザを治すことに専念するべきです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ