ロタウイルスの予防接種の副作用は下痢と腸重積と嘔吐と便秘!不機嫌な期間

子供がかかりやすい病気の一つである
ロタウイルスの予防接種を
受けさせている方は多いです。

けれども、
予防接種を受けると
副作用があるのではないかと
気になる方は多いでしょう。

スポンサーリンク

予防接種について

病気を予防するために予防接種を受けるのに、
それによって病気になることがあるのは
納得できないかもしれません。

Closeup of needle with single-use vaccine.

しかし、
予防接種というのは
ウイルスを体の中に注射することであり、
それによってどうしても
副作用が生じてしまうのです。

ロタウイルスの予防接種では、
下痢や発熱、
嘔吐、
不機嫌といったものが
代表的な副作用となっています。

他にも腸重積を
引き起こしてしまうことがあるため
気をつけましょう。

ただし、
生後半年以内の赤ちゃんが
予防接種を受けた場合は腸重積になることは
少ないようです。

そのため、
生まれてから六ヶ月以内の赤ちゃんに
予防摂取を受けさせる方が
リスクは少ないといえます。

下痢や発熱に関しては、
普通の風邪と同じような症状であり、
重症化する可能性は少ないです。

スポンサーリンク

副作用のケースについて

副作用がたとえ出たとしても、
ほとんどのケースでは
二、三日で回復するため
心配しなくてもいいです。

ただし、
まれに重症化してしまう可能性もあるため、
その時にはすぐに医者に診てもらいましょう。

また、
副作用の中でも最も多い症状は
不機嫌となってしまうことです。

どうして不機嫌になるのかというと、
ワクチンが体内に入ることによって赤ちゃんが
反応してしまうためだといいます。

ワクチンの摂取によって刺激を受けてしまい、
それによって不機嫌となるのです。

ただし、不機嫌になるということは、
赤ちゃんがきちんとワクチンに
反応しているという証拠であり、
親としては安心できることなのです。

あまりにも症状が酷い時以外は、
安心して赤ちゃんを見守ってください。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ