ロタウイルスの症状と大人から子供まで予防接種(ワクチン)の効果は!

ロタウイルスは
冬の後半から春にかけて流行する
感染症を引き起こします。

ロタウイルスに感染すると、
突然の激しい嘔吐
発熱から始まり、
米のとぎ汁のような
白っぽい下痢などの症状があります。

繰り返し起こる嘔吐や下痢により、
脱水症状を引き起こすおそれもあります。

スポンサーリンク

ロタウイルスの感染について

赤ちゃんのときから発症し、
5歳までに
世界中のほぼ全ての子供が
ロタウイルスに感染すると言われています。

Doctor giving vaccination injection to little girl patient

初感染時に重症化し、
感染を繰り返すごとに
免疫力により軽症になっていく傾向があります。

そのため、
大人では感染しても
症状が現れないことが多いのが特徴です。

重症化した場合、
合併症としてけいれん、
肝機能異常、急性腎不全、
脳症、心筋炎などが起こることがあり、
死に至る場合もあります。

意識の低下や
痙攣などの症状が見られたら、
速やかに近くの医療機関を
受診するようにしましょう。

治療薬が存在していないために、
通院・入院時には対症療法が行われます。

患者の便の中には
1gあたり100億個と大量のウイルスが含まれます。

スポンサーリンク

感染力が強いロタウイルス

ロタウイルスの感染力は極めて強く、
10~100個程度の
ウイルスにより感染が起こると言われています。

ごくわずかな量のウイルスでも感染力があるために、
感染を完全に防ぐことは非常に難しいです。

ウイルスの感染予防にはワクチンが有効とされており、
いずれも乳児を対象としています。

ワクチンはロタウイルスの病原性を
弱めて作られた生ワクチンで、
甘いシロップ状の口から飲むタイプのものです。

現在日本で使用されている
ワクチンには2種類があります。

単価のワクチンは2回接種で、
生後6~24週の間に接種します。

5価のワクチンは3回接種で、
生後6~32週の間に接種します。

いずれも任意接種で、
費用は基本的に全額自己負担です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ