咳喘息とは?運動や入院〜完治期間まで!

咳喘息とは、
何らかの原因で
気管支が炎症を起こしてしまう状態が
続く事を示します。

ゼーゼー・ヒューヒュー等の
咳が特徴となっています。

スポンサーリンク

喘息の時の胸の音

子供の診察では、
聴診器で胸の音を聞くと、
ゼーゼー・ヒューヒューと
聞こえる事が多いようです。

聴診器と健康診断結果

「胸の音は綺麗ですね」
と言われた場合は、
気管支の炎症は少ないと考えられます。

聴診器による診察は、
多くの症状の発見に繋がりますね。

咳喘息の病気がある人は、
日常の運動の制限がある場合があります。

発作の可能性を考慮して、
激しい運動を長時間続ける事は
禁止される状態があります。

水泳などの全身運動が
出来ない事もあげられます。

学生の場合は、
体育の授業に取り入れられている学校も多いですが、
見学状態となります。

スポンサーリンク

喘息の治療方法について

喘息の治療は、
段階的に分かれていて、
治療方法にも違いが出てきます。

比較的軽い症状の場合は、
自宅でケアが出来る事が多く、
発作が治まらない状況の時は
病院を受診しましょう。

外来に通院治療に通うケースもあります。

咳が酷い状態の時は、
抗ステロイド剤などの
吸入を続けていく事があります。

慢性化している喘息の場合は、
吸入器を常備している人もいますね。

入院治療では、症状が重症の人になってきます。

呼吸困難が続く状態ですと、
命の危険に関わってきますので、
24時間体制で治療が必要になります。

風邪等で気管支炎の症状が長く続き、
喘息と見分けが難しい状態もあります。

特に子供の場合は
自己判断するのではなく、
医療機関を受診して
治療する事が大切になります。

慢性化して喘息の症状が
重症化する人も多いのが事実です。

風邪が1か月以上続く事は考えにくく
他の病気を発症している可能性が高くなります。

咳や痰が続く状態を放置して、
持病を悪化させてしまう危険も考えられます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ