咳喘息の治療薬アドエアやシムビコートやガイドラインについて

咳喘息の治療薬として
使われているものは、
アドエアやシムビコートになるようです。

どちらも喘息の症状が重い人に
使われている傾向にありますが、
継続して使う事で、
発作の予防、
コントロールに繋がっている状態となります。

咳喘息を起こしてしまう原因は様々です。

スポンサーリンク

アレルギーの種類について

代表的な原因は
アレルギーであると言われていますが、
アレルギーにも沢山の種類がある為、
ひとりひとり原因の究明が必要ですね。

Purple Asthma inhaler

食べ物アレルギーがある場合、
アレルギー源となる食べ物は
避けなければなりません。

大好物の食べ物を
食べられない事程辛い事は
ないと思います。

家の中の主なアレルギー源では、
ダニやほこり、
ハウスダスト等があげられます。

毎日細かい掃除を心がけたり、
空気清浄機等の利用が多くなっています。

アドエアやシムビコートは、
咳喘息の治療に広く使われていますが、
原因によっては使われない場合もあります。

抗ステロイド薬を吸入する方法もあります。

特に子供に多い治療ですが、
喘息だけの症状には効果的な投薬治療です。

スポンサーリンク

喘息についてのガイドライン

アドエアやシムビコートは、
市販薬では販売されていない事があるので、
必ず受診して医師の指示に
従って服用する事が重要です。

即効性の薬であるという認識があるようですが、
続けて服用する事で、
発作を起きにくくする効果が得られます。

喘息に関するガイドラインが
喘息協会にて発表されています。

現在の日常生活の中には、
目には見えないアレルギー源や細菌・
ウイルスが沢山存在しています。

細菌やウイルス感染から気管支が
炎症を起こしてしまうケースが
大半を占めていますので、
手洗い・うがいをしっかりと
習慣にして予防していく事が大切です。

小さな子供がいる家庭では、
泡のハンドソープの利用も
楽しく除菌できる方法ですよ!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ