咳喘息の症状をチェック!大人にうつる原因と治療方法と期間

喘息の症状は、
重度か軽度かによって
違いがありますが、
基本的にはゼーゼーという感じの
咳が見られたり、
咳込む状態が続くと
呼吸困難等の症状を発症します。

スポンサーリンク

入院の可能性について

ゼーゼー、
ヒューヒュー等の咳の症状は、
肺炎でも見られる事があります。

マスクの女の子

肺炎になってしまうと
自宅での療養は難しく、
多くの場合が入院治療になってきます。

大人でも子供でも入院する可能性が高くなります。

くしゃみ・鼻水・
咳等の飛沫感染によって
感染してしまうのは、
マイコプラズマ肺炎という
病気があげられます。

特に小学生の感染が
中心になっている傾向があるようです

幼児に感染が
確認された場合は、
あまり重症化する事は
無いとも言われています。

免疫が強いほど
重症化しやすいという
特徴があるようです。

7歳頃から
9歳頃がピークだという
データがありました。

子供が幼稚園や保育園等に通い始め、
集団生活をするようになると、
子供が感染して親へと感染が
拡大するケースが目立っています。

特に母親は
子供と一番近い距離ですから、
くしゃみ・鼻水・
咳等の飛沫感染にて
肺炎になる可能性が出てきます。

我が家でも、
子供がアデノウィルス
感染した時は、
大人も感染して
家族全員苦しい思いをしましたよ。

子供の感染した
病気を大人が拾うと、
症状は重症になってしまう事が
多いようです。

喘息事態はうつる病気ではありません。

スポンサーリンク

細菌感染とウイルス感染

咳が酷い状態でも
移る事はありませんが、
細菌やウイルス感染による
気道炎の場合は、
移ってしまう可能性が
非常に高くなります。

細菌感染は薬が比較的良く効きますが、
ウイルス感染による病気は
中々薬が効かないのも事実です。

自然治癒を待つ状態ですが、
症状に合わせた薬は
処方されますので、
大人の感染は辛い症状が少しは
和らげる事が出来ます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ