咳喘息の症状!子供・幼児を発作が襲う!微熱やたん、痰は!?

咳喘息の特徴として、
ゼーゼー・ヒューヒュー等、
1ヶ月以上咳が続く場合に
可能性が考えられます。

スポンサーリンク

咳喘息の慢性化について

子供や幼児は、
親が日頃から気をつけていないと、
風邪が長引いている程度にしか思わない場合があり、
咳喘息が慢性化してしまう危険が出てきます。

マスクを着けて並ぶ男子中学生

咳喘息の発作は、
人によって頻度も違ってきますし、
呼吸困難やチアノーゼの症状を
発症してしまうほど酷い時もあるようです。

自宅でケアしても
発作を何度も繰り返したり、
症状が治まってこない場合は、
直ぐに医療機関を受診しましょう。

咳喘息の症状のように思われがちですが、
微熱が続いたり痰の色がおかしい場合でも、
結核の疑いが出てきますので、
直ぐに医療機関を受診して下さい。

最近は、
結核に感染する人が多くなっています。

特に大人の場合は、
ただの風邪が長引いているだけだと判断し、
医療機関に行く事が少ないのも現状ですね。

結核は今では治療して完治する病気です。

ただ、
人への感染が心配される病気でもあります。

体力的に弱っている状態ですと、
危険です。

咳喘息は、
慢性化してしまう事も多い
言われています。

咳が長く続く場合は、
慢性化してしまったと考えられます。

スポンサーリンク

慢性化した場合の対処法

慢性化してしまうと、
市販薬は効果が得られません。

医療機関で処方された薬でも、
治るのにはとても時間がかかってしまいます。

幼児や子供は、
回復が早いと思われていますが、
慢性化する事で、
胸に大きな負担がかかってしまい、
肋骨の疲労骨折等の症状が
起こる可能性もあります。

咳は自分達が思っている以上に
カロリーを消費すると言われてもいます。

大人は自分で気が付く事が可能ですが、
子供や幼児はどのような症状であるかを
伝える事が難しいのも事実です。

1ヶ月以上咳が続く場合は、
早めに医療機関を受診する事が大切です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ