咳喘息の市販薬の種類!シムビコートやアドエア等!子供への評判は?

咳喘息で苦しんでいる時に、
その症状を和らげるために
市販薬を用いることがあります。

症状が軽い場合には、
わざわざ病院へ行くのではなくて、
市販薬を使うことを選択する人は多いです。

スポンサーリンク

喘息の薬について

咳喘息の薬には
どのような種類があるのかを紹介しましょう。

咳喘息 薬 市販

http://f.hatena.ne.jp/ducati-fan/20110126191036より引用

まずシムビコートという薬があります。

これは副腎皮質ステロイド吸入薬であり、
気管支喘息に効果のある薬です。

吸入ステロイド薬は
副作用が少ないことで知られており、
世界的に喘息治療に使われています。

正しい使用方法を守っていれば
安心して使うことができるでしょう。

咳喘息の発作が起きた時には、
それを抑えるためにシムビコートを飲むと効果的です。

他には、
アドエアという喘息薬があります。

こちらもシムビコートと
同様に吸入ステロイド薬です。

気道で生じた炎症を抑える効果があり、
それと同時に気道を拡げてくれるため、
呼吸をするのがとても楽になります。

軽度な症状から
重度な症状にまで
使うことのできる薬です。

ただし、
即効性を感じるわけではないため、
効果を実感できるまでには
時間がかかってしまいます。

スポンサーリンク

その他の市販薬について

市販されている喘息薬として
ミルコデ錠Aがあります。

こちらにはテオフィリンが配合されており、
これが気管支拡張薬として
効果を発揮します。

ただし、
消化器症状や頻脈といった
副作用には気をつけましょう。

強力アスメトンという市販薬もあり、
こちらはメトキシフェナミンノスカピン
抗ヒスタミン薬が配合されています。

このように色々な薬が出ており、
どれを使用するべきなのか
迷ってしまう方も多いでしょう。

子供への評判に関しては、
それぞれの子供の体質や
喘息の症状により異なるため、
一概に評判を説明することはできません。

きちんと病院で診断を受けて、
最適な薬を処方してもらうのが一番良いです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ