咳喘息に薬が効かない?吸引ステロイドや漢方薬!副作用等は!?

風邪の症状として咳がありますが、
風邪が治ったにも関わらず
全然咳が収まらないという人がいます。

もし、
そのような症状が
数週間続いた場合は、
咳喘息の可能性が大きいです。

スポンサーリンク

咳喘息とはどんな病気?

咳喘息というのは
慢性的に咳が続いてしまう病気であり、
気道が狭くなり、
さまざまな刺激に過敏になってしまい
咳が起きてしまいます。

咳喘息 薬 漢方

温度差や受動喫煙、
飲酒,運動、
ストレスなどの原因があり、
他にもダニやホコリなどから
発作を起きてしまうケースもあります。

アレルギーのある人に
咳喘息が起きやすいことが
分かっています。

咳喘息は喘息とは異なります。

空咳がずっと続くのが特徴であり、
喘鳴や呼吸困難はありません。

咳喘息を治療するためには、
普通の風邪薬や咳止めを
飲んだとしても
意味はありません。

ウイルスが原因となっている
わけではないため、
抗生物質も効果がないです。

咳喘息を治療するためには、
通常の喘息と同様に
気管支拡張薬やステロイド薬を使用します。

吸入ステロイド薬を用いるのが基本であり、
これによって抗炎症作用を発揮するため、
長期間使用し続ければ徐々に
症状が治まっていきます。

抗アレルギー薬を
使用するケースもあります。

ただし、
薬を途中でやめてしまうと
再発することがあるため、
完治するまで飲み続けなければいけません。

スポンサーリンク

自然治癒と薬について

自然治癒することがあるのですが、
喘息に移行することもあるため、
きちんと薬により治療を受けることが大切です。

薬の効き目には個人差があるため、
なかなか効き目が出ないこともあります。

副作用については
現在使用されている薬には
ほとんどありません。

ただし、
動機が激しくなったり、
血圧が上昇することがあるため、
少しの変化にも敏感になりましょう。

一般的に処方される薬で
効果のない方が漢方薬を飲んで
症状が軽くなるケースもあります。

色々と試してみましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ