喘息 大人が治すのに薬や入院について!薬の副作用はあるのか?

大人が喘息にかかってしまうと
酷い症状が出てしまうため
注意しなければいけません。

風邪になり咳が出るようになって、
それがずっと治らなくなったら
要注意です。

実は風邪だと思っていたのが
喘息だったと後で分かることは多いです。

早めに対処をしておかないと
重症化してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

大人の喘息はなかなか治らない?

大人の喘息は
なかなか治りにくいため、
長期間治療し続ける
必要があります。

Sick woman blowing her nose isolated.

大人のかかる喘息の安価でも多いのは
非アトピー型と呼ばれている、
アレルゲンを特定できない喘息です。

風邪をひいてしまったり、
過労やストレスによって
引き起こされることが多いです。

喘息は痰が
たくさん分泌されるようになり、
それが気道を塞ぐことによって、
呼吸が苦しくなります。

発作が長く続いてしまうこともあり、
とても危険です。

治療法としては、
長期管理薬
発作治療薬
二種類の薬があります。

長期管理薬とは
発作を起こさないようにするための
治療薬であり、
炎症を抑えて、
気道を拡げます。

発作治療薬とは、
発作が起きた時の
応急処置として用います。

ただし、
薬には副作用が存在しており、
個人差がありますが、
薬の影響で苦しんでいる人もいます。

スポンサーリンク

薬の副作用について

薬の種類によっては
副作用の少ないタイプのものも
あります。

たとえば、
吸入ステロイド薬は
副作用が少ないため
長期的に使用しやすいとされています。

副作用としては、
口の中に炎症ができたり、
喉の痛みが生じたり、
声がれなどがあります。

もし薬を飲んでいて
何らかの副作用が生じたら
すぐに医師に相談をしましょう。

喘息があまりにも
ひどくなってしまうと
入院をすることがあります。

症状が回復するまでは
病院でコントロールを
受けることになります。

大人喘息にならないように
予防することが大切です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ