大人の喘息にオススメの市販薬と原因について

大人の喘息は、
子供の頃からの持病である場合や、
大人になってから急性で
発症する場合が考えられます。

喘息という病気は、
世間的には軽く考えられてしまう
病気のひとつだと思います。

しかし、
喘息の発作が何度も繰り返される場合や、
改善が見られない場合は、
病院を受診しした方が良いものです。

スポンサーリンク

大人の喘息の原因について

大人の喘息の原因は、
様々な事が考えられると思います。

薬 くすり 錠剤

喘息を引き起こす原因は、
アレルギー反応が
過剰に出てしまうという状態になります。

アトピー性である事も考えられます。

近年、
言われ始めた原因のひとつに
「社会的なストレス」がありますが、
日常生活の中で常にストレスを感じている場合、
喘息だけではなく、
様々なケースの病気を
発症してしまう危険が潜んでいます。

大人になってからの喘息は、
主に急性の喘息みたいです。

急性気管支炎のような風邪の症状だと思っていても、
咳や咳込みが長く続く場合には、
喘息であったとしたら市販の風邪薬は効果がありません。

喘息の市販薬は薬局や
ドラッグストアーで
あまり見かけないと思います。

薬剤師が常駐している薬局や
ドラッグストアーでしたら、
症状を相談して薬を
選んでもらう事が可能ですが、
基本的には一時的な症状の緩和しか出来ません。

スポンサーリンク

市販薬の特徴

市販薬の特徴は、
成分が強い薬が多いのも事実です。

始めは治ったかのように思えますが、
薬の成分が無くなった頃また咳がぶり返し、
繰り返してしまいます。

市販薬で取り扱いされている「漢方薬」もあります。

漢方薬は長く継続して
服用していく事で効果が出てくるものですね。

従って、
止めたい咳を直ぐに抑える効果は
得られません。

毎日飲み続け、
2〜3週間くらいすると、
少し効果が出てきたかな?
という状態になると思います。

基本的に喘息という病気には、
市販薬はおススメ出来ません。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ