大人の喘息の症状(咳・痰・息苦しさ)はストレス?チェックして症状を緩和

喘息は大人でも
かかってしまうことのある症状です。

呼吸をするときには
気道を空気が通るのですが、
その際にアレルギーによって炎症が生じていると、
とても敏感な状態となり、
けいれんが起きて気道が
狭くなってしまい起こります。

スポンサーリンク

ストレスによる喘息の症状

ゼーゼーと苦しそうに
呼吸をする喘鳴という症状や、
激しい咳が出たり、
呼吸が苦しくなる症状が喘息です。

落ち込むビジネスマン

息苦しさを感じるようになり、
咳が止まらなくなったり、
痰が出やすくなることもあります。

一見、発作がおさまったように見える時でも、
炎症は起き続けているため、
ちょっとした刺激によって
再び発作が始まることもあります。

空咳や胸の痛み、
動悸、
息切れ、
背中の張り、
動けなくなるなどの症状が
出ることもあります。

喘息にはストレスが
大きく関与していることが分かっています。

ストレスも一種の刺激であり、
これによって神経系に異常が生じると、
それによって喘息が
引き起こされてしまうのです。

特に大人の方の場合は、
普段の仕事によって
大きなストレスを受けていて、
それがきっかけとなって
喘息の状態になっている可能性があります。

スポンサーリンク

薬によって軽減できる!?

喘息は薬を飲むことによって
症状を抑えることは可能ですが、
それだけではなくて、
ストレスをコントロールすることも大切です。

ストレスをためないためには、
適度に休息を取るようにして、
休日には自分の好きなことをして
遊ぶのが大切です。

あまり仕事に熱中しすぎないようにして、
自分の時間を持つことを考えましょう。

また、
ストレスを解消することを
あまりにも意識しすぎるのも問題となります。

適度にストレスを
発散させることができれば、
それによって喘息の症状を
和らげることは可能です。

無理なことはしないで、
ストレスがたまらない範囲で
毎日の仕事に励みましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ