子ども・赤ちゃん・乳児の喘息に鼻水の症状もあるのか?

喘息と言っても、
人によって症状に違いがありますし、
喘息の種類にもよって違ってきます。

一歳未満の赤ちゃんや乳幼児で
「喘息」という診断を
される事は少ないようです。

咳の風邪の症状が続く、
悪化している状態が多くあるようですね。
扁桃腺が腫れやすい子供にとっては、
本当に辛い症状が繰り返し出てしまいます。

スポンサーリンク

子供の喘息について

子供の喘息は、
主に気管支喘息と言われ、
空気の通り道である気管支が
炎症やアレルギー反応が原因となり、
発作が起きてしまいます。

Boy Being Handed Inhaler

三回以上発作を繰り返す状態で、
喘息であると診断されるみたいです。

子供の頃に何らかの原因で発病してしまった喘息は、
大人への成長過程において、
若干改善される、
または症状が軽くなるケースもあるようです。

こちらも個人差が大きいので、
大人になったら治る病気とは一概に言えません。

喘息の代表的な症状は「咳」ですが、
その他に風邪を引いていたり
持病があったりする場合は
鼻水の症状も出るケースがあります。

喘息の原因は、
人によって違います。

スポンサーリンク

喘息の原因は様々

乳幼児期にアレルギー検査を受ける
保護者が多くなっている背景には、
日常生活でアレルギー対策を
するという狙いがありますね。

子供の持つアレルギーの可能性を早く知る事で、
育児にも大きく関わってきます。

特に食べ物にアレルギーを持つ子供の場合は、
給食等でも配慮が必要ですし、
毎日お弁当を持たせる親も多くなっている現状です。

食べたくてもアレルギーで
食べられない子供は、
とても沢山います。

咳と鼻水の症状が続く場合は、
早めに医療機関を受診した方が良いものです。

咳の症状が悪化していくと、
肺炎等にも繋がります。

喘息を持っている子供ほど、
風邪を引いた時は、
要注意の状態になります。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ