小児喘息発作の症状とインフルエンザの予防接種について

小児喘息は一度発作が起きると、
なかなか治まらないのが
特徴としてあげられます。

酷い咳込みが続く状態になります。

難しい事ですが、
日頃から、
発作を起こさせないケアが重要です。

スポンサーリンク

小児喘息とインフルエンザ

小児喘息のような
呼吸器系に疾患がある人が、
インフルエンザにかかってしまった場合、
重症化する可能性が非常に高くなります。

マスク 子供 風邪

呼吸器系の疾患がある為、
インフルエンザに感染する事で、
喘息の発作が酷くなり
呼吸困難などの症状が出てきます。

呼吸器に疾患がある子どもは、
インフルエンザの予防接種を
受けられない場合があるようです。

喘息の症状や頻度にもよりますが、
予防接種の当日、
熱や咳等の風邪の症状が見られなければ
打つ事も出来るようです。

しかし、
インフルエンザの予防接種をしたから、
絶対に大丈夫である
という保証はありません。

予防接種を受けても、
インフルエンザの型が違えば
かかってしまいますね。

小児喘息と診断されている
子供の場合は、
かかりつけの医師に
相談する必要があります。

医師が決定しますので、
軽はずみに予防接種を受ける事は
非常に危険です。

その他の疾患がある人でも、
医師の指示が必要になります。

スポンサーリンク

副作用の問題について

インフルエンザもその他の予防接種でも、
副作用の問題が出てきます。

予防接種による副作用は
事前に説明がありますし、
書面でも渡されますので、
しっかりと把握する事が大切です。

現在インフルエンザ予防接種後の副作用は、
重症になったという例は
報告されていません。

注射をした部分が赤く腫れる、
熱が出る等の軽い症状が
見られる程度のようです。

喘息の発作が酷い状態の時は、
予防接種も出来ないものです。

ドクターストップ状態になってしまいます。

小児喘息の子供は、
親がしっかりと体調の管理をしてあげる事が大切になります。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ