小児喘息とは?診断で咳が止まらない!ペットが原因!食事は何が良いのか!?

近年、
子供に多くなっている
「小児喘息」という病気があります。

小児喘息とは、
アトピー型喘息である場合が多く、
例えばダニによるアレルギーやほこりによるアレルギー、
ウイルス感染によるアレルギー、
食べ物によるアレルギー等、
原因はそれぞれです。

スポンサーリンク

小児喘息はペットが原因?

最近はペットを室内で飼う傾向が多く、
ペットによる
アレルギー症状である場合も考えられます。

小児喘息 診断

猫や犬のアレルギーである人が
多いのも事実です。

小児喘息の症状としては、
ゼイゼイと咳が続く、
呼吸が苦しくて横になる事が出来ない、
寝ると咳き込んでしまう等があげられます。

夜、咳込んで眠れないという症状が多いようです。

年齢が低いに連れて、
症状が違っている事もあります。

咳が酷い為、
食欲がわかない、
いつも機嫌が悪い状態が続く、
水分が取れない等があります。

赤ちゃんの時から喘息を発症している場合は、
おっぱいやミルクを
飲む事が困難な状態になるので、
入院治療が必要になる可能性もあります。

スポンサーリンク

乳幼児の喘息の場合

乳幼児の場合は、
急に重症化する恐れがありますので、
注意が必要になります。

小児喘息は、
アレルギーの一種ですから、
アレルギーを起こしている原因を
知る必要があります。

ペットが原因でしたら、
室内で一緒に生活が出来なくなります。

ダニやほこり等が原因でしたら、
常に掃除をして室内を清潔に保つ必要があります。

食事にも気を使う事が多く、
咳込みが酷い状態の時は、
喉越しの良いとろみがついた食事が良いでしょう。

食べ物によるアレルギーを
持つ子供が多くなっています。

そのような場合には、
市販の加工食品は避ける事、
出来るだけ栄養バランスの良いメニューを
考える事になります。

手作りが苦手だという人には、
アレルギー源を
含まない加工食品も売られていますので、
試してみても良いと思います。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ