小児・子供の気管支喘息の薬の副作用や禁忌について

子供・小児の気管支喘息では、
親としては薬の副作用が
心配されると思います。

スポンサーリンク

喘息の発作に伴う薬について

喘息の発作が酷い状態で、
継続して薬を使う事に抵抗を感じてしまいますが、
薬の力を借りないと
症状が改善されないという状態を
繰り返してしまう場合も多いようです。

幼児とアレルゲン(男の子)

授乳中の乳幼児の場合は、
喘息を発症するケースは
あまり多くないと言われていますが、
実際に喘息の症状がある子も増えています。

授乳中に母親が薬を服用する状態ですと、
赤ちゃんに母乳を上げる事は
控えた方が良いでしょう。

直接的な副作用のような症状は出ませんが、
赤ちゃんが母乳から
成長に必要な養分を吸収する為、
好ましくないのが事実ですね。

小児・子供の気管支喘息が
慢性化してしまう場合もあります。

風邪等の症状が悪化して、
気管支炎を起こすと、
なかなか治らないのが現状ですね。

咳が止まらないという症状は、
喘息の症状にも似ているという事から、
慢性化しているのかもしれないという
可能性が出てしまいます。

慢性化した喘息は、
薬の服用を続け治療も長くなってしまい、
内臓にもじわじわと負担になってきます。

スポンサーリンク

子供の薬の副作用は??

子供の薬は
比較的副作用は見られないと
言われていますが、
身長が伸びにくくなったりする事があるようです。

成長期に必要な栄養分を、
喘息の症状によって摂る事が
難しくなっていきます。

特に食べ物アレルギーがある子供ですと、
アレルギーを発症する
可能性がある食べ物は食べられませんね。

栄養価が高い食材でも、
食べる事が出来ませんので、
違う食材で代用する事になります。

市販の喘息の薬も、
症状が軽い場合は、
購入店の薬剤師に相談して決めると安心できます。

処方される薬とは違い、
成分が強い場合もありますので、
胸やけ等の気持ち悪さを感じる人も
多くいるようです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ