気管支喘息の小児の薬!吸入ステロイドやアセスメントについて

気管支喘息の子供が
多くなっていますが、
投薬治療にも
注意が必要になってきます。

スポンサーリンク

気管支喘息の治療について

最近の気管支喘息は、
発作をコントロールする治療へと
変わってきましたね。

吸入ステロイド

http://takenoko-ent.blog.so-net.ne.jp/2008-12-03より引用

既に発症している喘息を、
発作が起きにくいようにしていく
治療になるようです。

喘息の持病がある子供がいる家庭では、
ダニやハウスダストを除去する
予防方法も実践する人が多いのが現状です。

一般的な喘息の投薬治療の方法は、
抗アレルギー薬の内服
副腎皮質ホルモン剤の吸入が多いようです。

喘息の発作が出てしまった時、
吸入している姿を見た事があるかと思います。

発作の頻度や症状によって、
治療ガイドラインというものがあり、
ガイドラインに基づいて
段階的に治療がされます。

長期になるほど、
薬の服用や吸入によって、
成長に影響が
出てしまう事があるようです。

身長が伸びにくいという症状が
あげられています。

喘息の治療は、
大きく分けると
2種類になるようですね。

気道の炎症を
少しでも抑える為の抗炎症薬には、
ステロイド薬、
抗アレルギー薬があります。

ステロイド薬は、
副作用が少ない事でも
広く知られている吸入に使われる薬です。

スポンサーリンク

症状に合わせた薬を処方してもらう事!

抗アレルギー薬は
内服薬になりますので、
アレルギーの症状に合わせた薬を処方される為、
長期間続けると
副作用が出てしまう事も
考えられるようです。

現在の医療投薬治療で、
喘息に一番効果が
あると言われている薬は、
体拮抗薬になるようです。

小児喘息の持病を抱える子供は、
日常生活の制限が出てきてしまう為、
激しい運動が出来ない事が多くなります。

一過性の喘息でしたら、
治る可能性がありますが、
大人になっても続いてしまう人も
多いのが事実です。

ウイルス性の風邪等が
きっかけで発症してしまう事もありますので、
予防はとても大切ですね。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ