気管支喘息の小児の症状と予防・原因や看護・治療について

気管支喘息を
発症してしまう子供が
とても多くなっています。

小児喘息と言われる喘息の原因は、
日常生活の中に潜む、
ダニアレルギー、
食物アレルギー、
塵やホコリの
アレルギー等が考えられます。

スポンサーリンク

重度の症状を巻き起こす可能性も!

気管支は息を
吸い込む為の重要な器官でもあり、
喘息の咳の症状が酷くなり、
発作が起こってしまうと、
呼吸困難等を引き起こし、
命に関わる重度の症状が
起きる可能性もあります。

X-ray of man's chest during pneumonia

自宅で出来る事は、
室内のダニの原因となる
ハウスダスト等を
こまめに掃除する事です。

ホコリが目についたら、
その部分を掃除をする習慣にすると、
まとめて掃除するよりも、
いつも綺麗な空気の状態が保てると思います。

室内に空気清浄機を
設置しておくのも良い方法です。

今の空気清浄機は、
機能が充実していますし、
24時間付けていたとしても、
電気代もあまりかからなくなっています。

小児喘息で、
子供が発作を起こしてしまった時は、
どのような状態であるかを
メモしておくと病院を受診した時、
スムーズに診察が進みます。

喘息の発作は、
深夜に多い事もあり、
救急外来を受診する事が多くあります。

一度の発作で落ち着いた場合は、
自宅で様子を見ても大丈夫だと思いますが、
何度も繰り返したり、
チアノーゼ等の症状が確認できる時は、
すぐに医療機関を受診して下さい。

スポンサーリンク

気管支喘息の症状や悪化について

気管支喘息は、
気管支炎(風邪)の症状が
悪化した場合でも、
発病の可能性が出てきます。

咳が長く続くと
肺炎を発症してしまうケースもあります。

特に幼稚園児・
保育園児という
小さな子供がいるご家庭では、
ただの風邪だと
自己判断して市販薬で
処置をして様子を見る事は、
とても危険な行為だと思います。

前回の風邪がぶり返したかな?
と思うような症状であっても、
実際に診察をしてもらうと、
違う病気である可能性が高いのが事実です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ