気管支喘息の大人・子供の咳や血痰の症状や治療法をチェック!

気管支喘息という病気の症状は、
ゼーゼー・ヒューヒュー等の
喘鳴(ぜんめい)が
広く知られていますね。

そして激しい咳が
出る事も多いのが事実です。

スポンサーリンク

気管支喘息は恐ろしい病気!

激しい咳込みによって
呼吸する事が困難となり、
救急搬送されてしまう事もあります。

Girl breathing asthmatic inhaler

気道閉塞が起こりやすくなっているからです。

気管支喘息は気道が
何らかの原因によって狭くなり、
炎症を起こしてしまう病気のひとつです。

たとえ咳が治まっている時間であったとしても、
気道内は炎症が続いている状態になります。

従って、
少しの刺激が加わるだけで
喘息の発作へと
繋がってしまいます。

喘息の症状は、
咳が代表的ですが、
個人差が大きいのも事実です。

咳が長く続く場合は、
痰も切れない状態になると思います。

中には血痰の症状
出てしまう人もいるみたいです。

しかし血痰の症状がある場合は、
炎症によって気道が
荒れている為に出血を伴っているのか、
または他の病気が疑われます。

スポンサーリンク

肺ガンになる可能性も考えられる

肺ガン等の病気の可能性もあげられますので、
激しい咳に加え、
血痰の症状がある人は、
早めに医療機関を受診して下さい。

気管支喘息の治療方法としては、
投薬治療が一般的です。

風邪等の病気から
気管支喘息になってしまった場合、
咳を緩和する薬等を使い、
通常2〜3週間程で症状は
治まってくるようです。

回復期間には個人差がありますので、
一概に言う事は出来ません。

近年はインターネットで
多くの情報を手に入れる事が
出来るようになりました。

特に自分が今気にしている・
気になっている病気の症状を
検索する人も多いのが現状ですね。

インターネット上の情報で
自分の症状をチェックする場合は、
あくまでも「参考」にしましょう。

自己判断で市販薬を利用するのは、
副作用の問題が大きいですから、
注意してください。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ