気管支喘息の薬の種類!市販で吸入ステロイドの薬の効果は?

気管支喘息の症状を
抑える為の市販薬は、
薬局やドラッグストアー等で
販売されていますね。

しかし、
喘息を治す為の薬ではありませんので、
症状が重い場合は、
医療機関での治療が必要になります。

スポンサーリンク

市販薬の使用について

市販薬は、
主に咳・タンに効果が見られる薬が多く、
成分が強い事もあり、
あまりお勧め出来ないのも事実です。

ステロイド 吸入

http://naruhodo-zensoku.com/interview/03.htmlより引用

ステロイドの薬は、
医師や薬剤師に相談したうえでの
使用が求められる状態です。

現在は、
薬局やドラッグストアーにも
薬剤師がいますので、
相談して決める事も大切だと思います。

気管支喘息の市販薬の効果は、
風邪薬のように、
一時的に症状を抑えてくれます。

酷い発作が何度もある場合に、
継続して服用するのは
危険な行為である事も
理解しておくべきだと思います。

特に小児喘息と診断されている場合は、
市販薬の服用は好ましくないのも事実です。

その場しのぎの状態で、
症状の悪化に繋がってしまう事もあります。

医療機関においてのステロイドは、
主に吸入に使われています。

吸入は症状も和らげてくれますし、
内服とは違い内臓に負担が
少ない治療方法のひとつです。

スポンサーリンク

吸入機が怖くて病院に行けない?

乳幼児等の小さな子供は、
吸入を怖がり出来ない場合も多いのが事実です。

我が家でも、
最近まで吸入の機械の音が怖くて、
咳が続いたとしても吸入が出来ない状態でした。

病院に行く事事態を
拒否する子供も非常に多いと思います。

そのような状態の時は、
仕方なく市販薬の購入になりますが、
子供の薬はやはり副作用が怖いですから、
薬剤師がいる薬店での購入が大切です。

また、
市販薬の喘息の薬は、
乳幼児や子供の年齢では
服用出来ないものが目立ちます。

例えば3歳以上服用可能というような
説明が書かれている薬が多くありますね。

自己判断は命の危険にも
繋がる可能性が出てしまいます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ