夏バテの症状は自律神経の乱れを誘発する?

スポンサーリンク

夏バテというと「涼しくなれば勝手に治る」と軽くとらえてしまう人もいると思います。

ですが、夏バテもひどくなると自律神経失調症を引き起こし、後々にまで影響を残すこともあるんです。

natsubate

夏バテと自律神経の関係とは?

たとえば、夏バテの原因のひとつに、クーラーがあります。

クーラーが効きすぎた屋内と炎天下の屋外では温度差がありすぎて、体温調節する体の機能が間に合わないのです。

また、夏はとても汗をかく時期です。

大量の発汗は水分不足やミネラル不足を招きやすく、夏バテの原因になります。

そして、実はこれらことが自律神経の乱れの原因にもなるんです。

自律神経はその名前の通り、意識することなく勝手に働いて人間の体を常に一定に保ってくれる働きをしています。

そのため、クーラーの効いた屋内にいると、体温が下がりすぎないように体温を上げようとします。

ところが、屋外は真逆で、体温を下げないといけません。

こうした変化は本来夏から冬へといった長いスパンで切り替わるものだったため、急激な変化についてこれずに自律神経の変調を招いてしまうのです。

また、発汗によって水分やミネラルが不足すると、自律神経が体を一定に保つことができなくなります。

この状態が続くと、自律神経がバランスを崩すことになります。

スポンサーリンク

▶︎夏バテの症状は貧血に似てる?寒気が引き起こる原因は何?

夏バテから自律神経のバランスを乱さないためには

夏バテを防ぐには、まずクーラーの設定温度を下げ過ぎないようにしましょう。

設定温度は屋外の気温からマイナス5℃くらいにすると、自律神経への影響を抑えることができます。

なるべくクーラーを使わないようにするのが望ましいのですが、まったく使わないと今度は熱中症などの原因になってしますので、上手に使いましょう。

また、水分補給はこまめに行いましょう。

ミネラル不足を防ぐために、ただの水よりも麦茶などミネラル分を含んだ飲料を飲むようにするとさらに効果的です。

夏場は食欲が落ちると思いますが、栄養バランスに気を付けてなるべく食事を抜かないようにしてください。

また、夜は寝苦しいことも多いですが、しっかり休めるように寝具などを整えましょう。

▶︎夏バテの症状は?下痢・吐き気・頭痛が起こったら要注意!?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ