夏風邪の症状は微熱と喉の痛み?子供は長引くのか?

夏風邪に罹ると長引くし、しつこい…そう思っている人は多いのではないでしょうか?

夏も冬もどちらもウィルスによっておこりますが、種類が違います。

冬の風邪は乾燥した環境下で起きるインフルエンザが主で、その他には「ロタウィルス」「ノロウィルス」「RSウィルス」などがあげられ、いずれも高熱が伴い重症化すると命に係わります。

夏の風邪は湿気に強く、主に「手足口病」「ヘルパンギーナ」「プール熱」の3種類があげられます。

これらの症状は穏やかですが、長引くのが特徴的です。それぞれの特徴は以下の通りです。

 

スポンサーリンク

 

夏の風邪の主な症状について

summer

 

 手足口病

原因は「エンテロウィルス」。

口の中、手のひら、足に2~3ミリの水泡ができる。

痛みを伴い、しつこい発熱がある。

高熱が出たら病院を受診。

▶︎手足口病の記事はこちら

 

ヘルパンギーナ

こちらも原因は「エンテロウィルス」。

口の中に2ミリ~5ミリほどの水泡が出来る。

食べ物を食べるときに痛がり、食欲の減退が見られる。

▶︎ヘルパンギーナの記事はこちら

 

-プール熱(咽頭結膜熱)

原因は「アデノウィルス」。

主にプールで感染することが多い。のどの痛みと目の充血、高熱を伴う。

下痢、腹痛。感染力が強く、学校などは休まなければならない。

▶︎プール熱の記事はこちら

 

 

どれも飛まつ感染(咳やくしゃみ)が主です。

便の中に含まれたウィルスでも感染します。

ですから、排便時のおむつの交換後はしっかりと石鹸で手洗いし、おむつを適切に処理しましょう。

口の中の痛みやのどの痛みを訴えたら、要注意です。

特効薬や予防注射というものがないので、自然治癒(1週間前後)でしか治りません。

手洗いうがいは夏でも徹底することが大事です。

歯がゆい気持ちになりますが、根気よくその都度、かかりつけの病院に相談しながら対応していきましょう。

 

のど、口の痛みで食欲不振になりがちですので、食事もやわらかいものにし、刺激物は避けてあげてください。

夏季ですから、水分補給は必須です。

夏休みや家族旅行、花火やプール。

子供にとっては夏は一大イベントが盛りだくさんですよね。

楽しい夏にするために、普段から夏風邪予防に努めてあげましょう。

 

▶︎夏風邪の大人の症状は高熱?治療期間はどのくらいかかるのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ