子供の夏風邪の症状は高熱や頭痛! 対処法は××がオススメ !

スポンサーリンク

妙に蒸し暑い日が混じるようになりました。季節は確実に進み、すでに夏の兆しがあちこちに。夏には、プールや海など、楽しみがいっぱい。

そんな楽しみをダメにしてしまうのが、夏風邪です。

夏風邪は長引くと言われます。子供がかかりやすいとされる夏風邪。

冬の風邪と違い、高熱や頭痛に悩まされることが多いのが、特徴です。

他には、どのような症状が見られるでしょうか?どう対処したら良いでしょうか?

kaze

高熱を発するのはヘルパンギーナとプール熱

一口に夏風邪と言いますが、いくつかの種類があります。

しばしば流行し、よく知られているのが、ヘルパンギーナ、プール熱、手足口病の3種類。

いずれも、子供がかかりやすい夏風邪です。

それぞれに特徴的な症状があります。

ヘルパンギーナは、口の中に水泡ができます。

プール熱は、結膜炎。手足口病は、手の平・足の裏・口の中に米粒大の湿疹ができます。

高熱が出るのは、ヘルパンギーナとプール熱です。

ヘルパンギーナは、いきなり39度前後の高い熱が出、その後、38度~40度の高熱が2~3日続きます。

プール熱は、38度~40度の高熱が5日前後続きます。

他には、ヘルパンギーナでもプール熱でも、頭痛、吐き気、腹痛、下痢、喉の痛みなどの症状が見られます。

子供の風邪で珍しい症状は、頭痛です。

頭痛が起こるのは、夏風邪の原因となるウイルスが、脳や脊髄といった中枢神経の中に入り込みやすい性質があるためです。

ヘルパンギーナの原因ウイルスはエンテロウイルス、プール熱の原因ウイルスは、アデノウイルスです。

ウイルスが中枢神経に入り込むと、脳を覆っている髄膜に炎症を起こすことがあります。

髄膜炎です。

炎症が強いと、脳が腫れます。

脳圧が高くなると、頭痛や嘔吐が起こります。

スポンサーリンク

→子供の夏風邪の症状!高熱が続く時の適切な対処法とは?

注意したい体を冷やすタイミング!水分補給をしっかり!

子供が高熱を発すると、まずは体を冷やさないといけないと、ママは焦ります。

ただし、体温が上がった状態は、ウイルスが活動しにくい環境です。

ウイルスの活動を抑えるためには、ある程度、熱が上がることが必要です。

解熱剤を安易に使用しない方が良いとされています。

熱が上がってきている時は、悪寒がすることがあります。

熱が上がりきると、寒気を感じなくなります。

体を冷やすのは、悪寒を感じなくなってからにしましょう。

汗をかいたら、こまめに拭き取り、服も着替えて、体が冷えるのを防ぐことが大切です。

夏風邪には、特効薬はありません。

対症療法がメインになります。

対症療法の中で、重要なのが、水分補給です。

高熱が出て、大量の汗をかくと、脱水症状になりやすくなります。

体に染み込みやすいスポーツドリンクや経口補水液を摂取するようにしましょう。

→子供や幼児の夏風邪で咳や鼻水が止まらない場合の対処法は?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ