ヘルパンギーナ・手足口病を併発!大人も嘔吐する危険な病!?

ヘルパンギーナや手足口病は
子供がかかりやすい病気として
認識している方が多いです。

スポンサーリンク

感染した場合の症状は?

実際に子育てをしている方の中には
自分の子供が
これらの病気にかかっている姿を
見たことのある方はたくさんいるでしょう。

風邪に罹患した男の子

しかし、
これらの病気が必ず子供にしか
感染しないものだと安心してはいけません。

まれに大人が感染することもあり、
その場合は子供よりも
さらにひどい症状が出てしまうのです。

高熱に苦しめられることになり、
仕事を休む必要があり、
ずっと安静にしていなければいけません。

特効薬のようなものがあるわけではないため、
基本的には症状を薬で抑えながら
自然治癒に任せるしかありません。

そのため、
子供がもしヘルパンギーナや
手足口病に感染してしまった場合には
手洗いをきちんと行い、
感染予防をすることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

病気の併発について

ヘルパンギーナと
手足口病はどちらか一方にしか
感染しないわけではありません。

実は両方を併発してしまうケースも少なくなく、
その場合にはかなり苦しい状態となるでしょう。

手足口病に関しては
それほど症状はひどくならないのですが、
そこに更にヘルパンギーナに
感染してしまうとかなり衰弱してしまいます。

基本的に何らかの病気にかかっている時は
体の免疫力や抵抗力が
落ちている状態となっているため、
その他の病気にもかかりやすくなります。

きちんと看病をしてもらい安静にすることによって、
自然に治癒されるのですが、
あまりにも症状が酷い場合には
病院へ行くべきでしょう。

ウイルス性の病気は
併発しやすいという危険性があります。

ウイルスが流行っている時期には
特に感染予防を心がける必要があります。

大人が併発すると嘔吐してしまう危険性もあるため、
日頃から体調管理や衛生管理に気を使いましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ