熱中症・日射病・熱射病の症状の違いや処置のまとめ

年々猛暑日が増えています。

 

熱中症で救急搬送される人は、

毎年かなりの人数に上ります。

 

近年、耳にするようになった「熱中症」という言葉。

 

シニア世代にとっては今ひとつピンと来ないかもしれません。

 

「熱射病と違うの?」

「そう言えば、最近、『日射病』って聞かなくなったけど…」

という方も多いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

医療機関の間でも解釈が揺れている

「熱中症」「熱射病」「日射病」の位置づけは、

医療機関の間でも揺れています。

 

3つの状態を段階的に位置づけている医療機関もあれば、

並列的に位置づけている医療機関もあります。

 

段階的な位置づけの最たるものは、

熱中症は高い気温のもとで起こる全身の障害を総称したものであり、

その障害の1つが熱射病、

熱射病の1種で太陽の光が原因となって

起こるのが日射病という整理の仕方です。

 

そのような段階的な位置づけでも、

日射病の扱いで違いが見られます。

 

日射病を正式な言葉として認めている医療機関もあれば、

正式な言い方ではないとしている医療機関もあります。

 

熱中症を総称と扱わず、

日射病という言葉も認めて、

熱中症・熱射病・日射病を同じレベルで扱う医療機関もあります。

 

sunstroke

 

熱中症・熱射病・日射病がいずれも

暑い環境に長時間さらされたことによって

発症するものであること、

日射病が直射日光によって引き起こされるものであること、

熱射病が時に生命の危機に直結することもある

危険な症状であることなどは、

共通した認識です。

 

しかし、

それぞれの言葉で表される状態をどのように位置づけるかによって、

症状の分類の仕方も微妙に異なるようです。

 

たとえば、

暑い環境に長時間さらされた結果として起こりやすい頭痛は、

熱射病の症状としている医療機関もあれば、

日射病の症状としている医療機関もあります。

 
スポンサーリンク

 

熱射病では体温が異常に上昇する

錯綜する情報の中で一致しているのは、

熱射病では異常に体温が上昇するということです。

 

大量に汗をかいて体内の塩分や水分が著しく不足することで、

体温をコントロールする脳の体温調節機能に支障を来し、

40度以上の高熱を発するということは、

どの医療機関も明らかにしているところです。

 

40度以上に体温が上昇すると、

重度の意識障害が発症することも共通して言われるところです。

 

緊急に冷却療法を行う必要があります。

 

首筋、脇の下、

内股などの大きな動脈が通っている箇所を

重点的に冷やすことが大切です。

 

意識障害を起こしている場合には、

救急車を呼ぶ必要がありますが、

救急車を待つ間も冷却ポイントを冷やし続けましょう。

 

早急に冷却することが、

体へのダメージを少なくします。

 

また症状が一旦治まったように見えても、

必ず医療機関を受診する必要があります。

 

体に何か影響が残っているかもしれないからです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ