溶連菌感染症の潜伏期間とうつる可能性について!

寒くなってくると様々な病気が流行してきますが、
今回は溶連菌感染症について
お話したいと思います。

まず溶連菌感染症ですが、
基本的には1年中流行しています。

その中でも春から秋と、
寒い冬がピークとなります。

スポンサーリンク

基本的には子供の病気とされており、
集団生活の中で感染するのですが、
まれに抵抗力が弱っている大人も感染することがあります。

溶連菌感染症は別名「溶血性連鎖球菌」

溶連菌感染症の正式名称は
「溶血性連鎖球菌」という細菌です。

この細菌が喉に感染することで、
発熱や喉の痛みといった症状が出てきます。

腹痛を訴える女性

また腹痛が見られることもあります。

発熱は38度から39度の高熱が見られるのですが、
3歳未満のお子さんは
あまり熱が高くならないこともあります。

最大の特徴は、
喉の痛みです。

溶連菌感染症の喉の痛みは、
通常の喉の痛みよりもさらに痛みが強いので、
咀嚼がしにくいということもあります。

また、「イチゴ舌」も症状の一つです。

スポンサーリンク

イチゴ舌について

このイチゴ舌とは、
まるでイチゴのブツブツのような
発疹が舌に表れてきます。

ブツブツは、
舌以外にもお腹や手足に出てくることもありますので、
子供が掻きむしらないように気をつけてくださいね。

溶連菌感染症の潜伏期間は2日〜5日とされています。

潜伏期間は比較的短いほうなので、
もし溶連菌感染症の方と接触することがあれば、
潜伏期間の間は体の変化に気をつけておきましょう。

この菌は急性期が最も感染しやすく、
飛沫感染や経口感染を通してうつります。

流行する時期には、
マスクを着用し手洗いうがいを
心がけるようにしましょう。

しかし、溶連菌感染症は
抗生物質を飲めば比較的早く解熱し、
また喉の痛みも和らいでいきます。

ただ、まれに腎炎を起こすこともありますので、
処方された抗生物質は
きちんと飲みきるようにしてくださいね。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ