溶連菌感染症で大人も舌が!発疹・湿疹と扁桃腺から熱と下痢の症状!?

溶連菌感染症は
子供が感染することの多い病気なのですが、
大人でも発症してしまうことがあります。

症状としては、
38度以上の発熱やのどの痛み、
嘔吐などです。

スポンサーリンク

その後、
発疹が手足や体に生じるようになったり、
舌にブツブツが発生する
イチゴ舌の症状が出ることもあります。

熱が下がってくると、
皮膚がむけてしまう症状の出ることもあります。

溶連菌感染症による扁桃炎や咽頭炎や猩紅熱

きちんと医師の診察を受けて、
処方された薬を飲み、
安静にしていれば数日程度で熱がおさまり、
1週間も経過すればほとんど完治します。

看護師と話すシニアの男性患者

溶連菌感染症によって、
扁桃炎や咽頭炎、
猩紅熱などの症状が出ることがあります。

どの部位に感染するかによって、
症状は異なります。

鼻水や咳が生じることは
ほとんどないため、
他の病気の症状と
見分けることができます。

空気感染するタイプの
感染症ではないため、
溶連菌感染症は
伝染力は強くありません。

感染してから潜伏期間として
二日から四日程度は何も症状が出ません。

潜伏期間が終わると
症状が出るようになるため、
自分が感染していることを自覚できます。

溶連菌感染症を検査する方法は
喉から細菌を取り、
検査によって判定します。

溶連菌感染症によってまれに
下痢の症状が出ることがあります。

スポンサーリンク

溶連菌感染症の薬の副作用

薬の副作用によって、
下痢が起きることも
あるため気をつけましょう。

溶連菌感染症のような
症状が出たからといって、
自分で病気を判断してはいけません。

症状から確実に
病気の判定をすることは難しく、
物理的にウイルスを検知することが大切です。

したがって、
溶連菌感染症のような症状が出た場合は
すぐに病院に行って検査を受けましょう。

そして、感染していることが分かったならば、
きちんと薬をもらい、
医師の指示にしたがって病気を
治すことに専念しましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ