溶連菌感染症での子供の症状は発疹でかゆみと下痢と嘔吐

溶連菌感染症は、
溶連菌(溶血性連鎖球菌)が
主にのどに感染して起こる病気です。
年齢にかかわらず感染する可能性はありますが、
特に5~15歳の小児に多く発症する病気です。

スポンサーリンク

溶連菌感染症の潜伏期間と症状

溶連菌感染症にかかると、
およそ2~5日の潜伏期間を経て、
38~39℃の発熱と、
のどの痛みが表れます。

Little girl with illness on the  bed

更に、
体や手足に小さな紅色の発疹が出たり、
舌にイチゴのような粒々ができたりします。

その他に、
頭痛・腹痛・吐き気・
鼻づまりなどを伴うこともありますが、
咳や鼻水などがほとんどないことが、
いわゆる風邪(感冒)とは
違う溶連菌感染症の特徴です。

急性期を過ぎると、
発疹のあとの皮がむける場合があります。

なお、
乳幼児ではこれらの典型的な
溶連菌感染症の症状と異なる病態を
呈する場合があります。

治療には抗生物質が用いられます。

スポンサーリンク

溶連菌感染症に効果的な薬

第1選択薬はペニシリン系薬剤ですが、
ペニシリン系薬剤にアレルギーがある場合には
エリスロマイシンが適応となり、
また第1世代のセフェム系抗菌剤も使用されます。

抗生物質が効果的に作用した場合、
2~3日で症状が改善してくることが多いですが、
自己判断で薬を中断することは、
リウマチ熱や急性糸球体腎炎といった
重篤な合併症を引き起こしかねません。

2~3日で症状が改善しない場合、
お医者さんを再受診しましょう。

最初に処方された薬の効き目が弱く、
溶連菌の除菌が上手くいっていない場合や、
水分が不足している場合があります。

薬を変更する場合、
クリンダマイシン、
アモキシシリン/クラブラン酸、
または第2世代以降の
セフェム系抗菌剤などが使用されます。

いずれの薬剤も少なくとも10日間は
確実に投与することが必要とされています。

溶連菌感染症にかかっている子供には、
熱い・辛い・すっぱいといった、
のどに刺激の強い食べ物は避けるようにしましょう。

食べるのがつらいようでも、
水分はしっかりと与えてください。

このとき、
のどに刺激のある炭酸水などは避けてください。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ