熱中症の症状!子供の発熱や嘔吐・頭痛の処置や対処方法は?

暑い日差しを物ともせず遊びまわる子どもたち。

 

しかし家に帰ってきてから、

なんだか元気がないということも少なくないようです。

「なんか気分が悪い…」と訴えたら、

熱中症かもしれません。

 

他にどのような症状があるのかということも、

子ども自身は上手に訴えられないことが多いようです。

 

保護者が注意点を把握して、

症状を正確に把握できるようにしたいものです。

 

また、

日常生活でちょっとした工夫をするだけで、

子どもが熱中症に罹るリスクは低くできます。

 

スポンサーリンク

 

子どもは熱中症になりやすい

熱中症とは、

体内でつくられる熱と体外に放出される熱のバランスが崩れ、

体温が高くなって体調不良を生じた状態です。

 

暑くなると、

私たちの体は2通りの方法で熱を体外に放出しようとします。

 

1つは血管の拡張です。

 

暑くなると、

自律神経の働きで皮膚の血管が拡張します。

 

体の表面の血流を多くして、

熱を放出し、

体温を下げます。

 

もう1つの方法は汗をかくというものです。

 

汗が蒸発することによって熱を奪い、

体温を下げます。

 

湿度が高いと、

熱の放出がうまくいかず、

体温が高くなりやすくなります。

 

子どもは、

汗腺をはじめとした体温調節機構が十分に発達しておらず、

熱中症のリスクが大人よりも高いとされています。

 

heatstroke

 

どのような症状が現れる?

「気分が悪い…」と訴える段階では、

熱中症の症状はある程度進行していると言えます。

 

熱中症を発症すると、

大量の汗をかくとともに、

めまいや筋肉の痙攣などが起こります。

 

筋肉の痙攣が起こった時点で、

体内の塩分は、

正常な場合よりも少なくなっていると考えられます。

 

さらに症状が進むと、

頭痛や吐き気、

倦怠感などが現れます。

 

子どもが「気分が悪い…」と訴えるのは、

この段階が多いようです。

 

脱水症状が進行していると言えますので、

風通しの良い涼しい所に連れて行って横にさせ、

衣服をくつろげて安静にさせましょう。

 

落ち着いたら、

塩分が適度に含まれている

スポーツ飲料等を飲ませるようにしてください。

 

この段階を過ぎると、

体温が高くなってきます。

 

体温調節機能がうまく働いていない証拠です。

 

放置すると、

意識障害や全身の痙攣を起こします。

 

発熱が見られたら、

病院を受診するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

日常生活で注意したいことは?

まずは服装です。

素材は汗を吸って服の表面から

蒸発させることができるものが適しています。

 

吸汗・速乾素材を選びましょう。

色は熱を反射する白色系のものがお勧めです。

 

日頃からこまめに水分・塩分補給をするようにしましょう。

 

水分だけではなく、

塩分も補給することが大切です。

 

汗の原料は、

血液中の水分やミネラルだからです。

 

多少の塩分が含まれるスポーツ飲料等が適当です。

 

汗をかく習慣を身につけることも大切です。

暑い日が続くと体も暑さに慣れてきます。

 

ただし体が慣れるのは、

気候の変化よりも遅れます。

 

日頃からスポーツをして汗をかく習慣を身につけていると、

夏の暑さに対抗しやすい体になると言われています。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ