熱中症の症状!寒気や吐き気の処置方法や治し方をチェック!

毎年、

必ず話題になる熱中症。

熱中症とは熱によって起こるさまざまな体の不調のことをいいます。

熱中症には、

こんな種類があります。

処置方法もあわせてみてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

熱中症の症状と処置方法

 

熱失神

皮膚血管の拡張によって、

血圧が低下、脳血流が減少して起こります。

 

めまい・一時的な失神・

顔面蒼白といった症状があらわれます。

 

 

対処方法

涼しい場所に運び、

衣服をゆるめて寝かせ、

水分を補給すれば通常は回復します。

 

熱けいれん

大量に汗をかき、

水だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に、

手足や腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

 

筋肉痛・手足がつる・筋肉のけいれんといった症状があらわれます。

 

 

処置方法

生理食塩水(0.9%の食塩水)を補給すれば、通常は回復します。

 

heatstroke

 

熱疲労

大量の汗をかき、

水分補給が追いつかないと体が脱水症状になります。

 

全身倦怠感・悪心・嘔吐・頭痛・

集中力や判断力の低下といった症状があらわれます。

 

対処方法

熱失神と同じ対処方法です。

 

熱中症の症状

体温の上昇のため、

中枢機能に異常をきたした症状です。

 

意識障害やショック状態になることもあります。

 

体温が高い・意識障害・ふらつき・言葉が不自然・

呼びかけや刺激への反応が鈍いなどの症状があらわれます。
 
スポンサーリンク

 

熱中症の対処方法

命の危険がある緊急事態です。

集中治療のできる病院へ早く運ぶ必要があります。

 

いかに体温を下げて、

意識を回復させるかが予後を左右するので、

体を冷やすなど現場での処置も重要になってきます。

 

熱中症は、

どんな時になるのでしょうか?

 

熱中症の時期

熱中症だからといって、

暑い日だけとは限りません。

 

真夏の気温が高い時はもちろん、

梅雨の晴れ間や梅雨明けの急に暑くなった時にも注意が必要です。

 

この時期は、まだ暑さに慣れていないので、

上手く汗をかくことができないので、

熱中症になる可能性が高まるのです。

 

 

熱中症に特に注意する人

乳幼児や高齢者は熱中症を起こしやすい可能性があります。

 

乳幼児や幼児は、

大人より新陳代謝が活発で体温が高いです。

 

大人に比べ汗腺の発達が未発達のため、

体温調節がうまくできません。

大人が注意してみてあげましょう。

 

水分補給をしっかりし、

顔が赤く汗をたくさんかいている時は、

涼しい場所へ誘導するなど、

いろいろな対策をすることがとても重要です。

 

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ