熱中症で子供が頭痛・高熱の場合は病院に連れて行った方が良いのか?

 

 

毎年毎年、

夏は猛暑が続いています。

 

昼だけではなくて、

夜は熱帯夜、

朝からすでに暑いですよね。

 

それに伴い注意しなければいけないのが、熱中症です。

 

大人は、

自分で予防したり病院に行ったりすることができます。

 

子供や高齢者は、

周りの人が気をつけて見ていることが重要です。

 

スポンサーリンク

 

子供が頭痛・高熱の場合

熱中症には、

様々な症状があります。

 

めまいやふらつきなどの初期症状に気がついたら、

すぐ休む必要があります。

 

子供が遊びやスポーツに夢中になって、

気づくのが遅くなり熱中症になるケースも少なくはありません。

 

言葉が通じるくらいの年齢の子で、

大人が側にいられない場合には、

注意事項をよく伝えましょう。

 

summer

 

熱中症は、

暑い場所や激しい運動をして大量の汗をかくような状況でおこります。

 

炎天下での運動によっておこるイメージがありますが、

熱のこもった室内でもおこる場合があります。

 

室内だからと安心せず、

熱中症対策を心がけましょう。

 

熱中症は、

体温や状態により4つに分けられます。

 

スポンサーリンク

 

熱射病、熱失神、熱痙攣、熱疲労です。

赤ちゃんや子供が、

一番なりやすいのが熱射病と熱疲労です。

 

熱中症でも、

はっきりと体温があがった時、

とくに40℃以上の熱が出たら、

熱中症の中でも最も重い、

「熱射病」の可能性がありますので、

急いで病院を受診しましょう。

 

また、

熱の高さだけではなく、

顔色が悪く苦しそう、

ぐったりしている、

頭痛がすると訴えている、

意識がもうろうとしている、

ひきつけ、

痙攣を起こしているなど、

普段と違う様子の場合も病院を受診しましょう。

 

応急処置としては、

涼しい場所で休ませる、

軽い糖分や塩分を含んだ水分を補給する、

濡れタオルなどで冷やすなどしましょう。

 

ただし、

上記に書いたような症状がある場合は

すぐ医療機関を受診しましょう。

 

自分が大丈夫だから、

子供もまだ大丈夫と無理をさせがちです。

 

外出する際は、

こまめな休憩と水分補給をして、

熱中症を予防しましょう。

 

真夏の午後の炎天下での外出は、

避けることが大切です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ