熱中症の頭痛(後頭部)が翌日になっても治らないけど対処法は!?

6月のじめじめとした梅雨が明けると共に、

眩しいくらいの青空が広がり、

気持ちの良い初夏の季節に入りますが、

気温もぐっと上昇し、

疲れが出たりしますね。

 

「熱中症に気を付けましょう」

と頻繁にテレビから聞こえてくるのも、

このあたりでしょう。

 

熱中症とは運動や、

暑熱環境下においての身体の障害によっておこる状態の総称です。

 

体が暑さに適応出来ず、

体温の変化についていけない為に体に様々な不調が現れ、

熱中症になってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

熱中症の種類について

・熱失神(血圧の低下、めまい、軽い失神)

・熱痙攣(血液中の塩分不足による手足の痙攣、腹痛)

・熱疲労(頭痛、全身の倦怠感、嘔吐)

・熱射病(体温上昇、呼びかけに反応しない、昏睡状態)

の4つに分けられ、上から軽度~重度となっています。

heatstroke

 

熱疲労による頭痛は大量の汗をかき、

水分の補給が間に合わない為に、

脱水状態が原因で起こるものなのですが、

一度頭痛が始まると、

水分を摂るだけではなかなか治りにくいものだそうです。

 

経口補水液などで水分不足になっている状態を回復しない限り、

頭痛は続いてしまいます。

 

市販の頭痛薬ではその場しのぎでしかなく、

薬の効力が切れると再発してしまいます。

 

熱疲労による症状が出たら、

速やかに涼しい場所に移動し、

足を心臓の位置よりも高くして寝るようにし、

首や、わきの下、

足の付け根などを冷やし、

様子を見ながら水分補給をして対処しましょう。

 

スポンサーリンク

 

翌日になっても続く頭痛は?

翌日になってからも痛む後頭部からこめかみの痛みは、

緊張型頭痛(肩こり、目の疲れ。首の疲れ)、

扁桃腺の腫れがある場合もあります。

 

肩や目の凝りをほぐし、

上記のように、

十分な水分補給をしても治らない場合は、

夏風邪の可能性もあると考え、

早めに病院を受診するのがベストです。

 

普段からこまめに水分補給や塩分を摂り、

熱中症対策を心がけたいものです。

 

特に寝たきりの高齢者や小さなお子様をお持ちの方は、

よく表情を観察しながら状態を把握し、

熱中症対策を万全にしておくようにしましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ