熱射病症状!発熱や頭痛は翌日まで続くのか?処置や対処方法について!

日本でも一夏に何回かは、

体温を超える気温が記録されるようになりました。

 

天気予報で公表されるよりも、

実際の気温が高いことは少なくありません。

 

日差しが照りつける道路、

アパートの最上階の浴室、

締め切ったエアコンの無い部屋など、

熱中症を引き起こす危険は、

身近なところにあります。

 

今年も、

もうすぐ夏の暑さがやってきます。

 

無事に過ごしたいものです。

 

スポンサーリンク

 

熱中症の中で最も重症な熱射病

気温の上昇や過度の運動によって、

体温が上昇して発する健康障害が熱中症です。

 

熱中症は4つの病型に分類されます。

熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病です。

 

このうち、最も重症なのが熱射病です。

多臓器不全を起こして命を落とすケースもあり、

 

病院に救急搬送される熱中症の患者の多くは熱射病です。

 

熱射病は、屋外、屋内を問わず、

体温以上の温度になった際に起きてしまいます。

 

体温を下げようと汗をかいても、

体が追いつかない状態になるのが、

熱射病の原因です。

 

症状はどのようなものか?

口渇、発熱、

めまいなどから始まります。

 

大量の汗をかいて水分やナトリウムが体から失われると、

頭痛や嘔吐の症状が現れます。

 

さらに症状が進むと、

頻脈や脱力状態になります。

 

その状態になっても適切な処置がとられない場合、

体温を正常に保とうとする視床下部の機能が低下し、

汗が止まってしまいます。

 

汗が出なくなると、

危険な状態になります。

体温は40℃を超えます。

 

体温が40℃を超えると、

体内の細胞に機能障害が起こりだします。

 

興奮、異常行動、幻覚、けいれん、

昏睡、運動失調、麻痺などの神経症状が現れます。

 

体温が41℃を超えると、

体内のタンパク質が破壊されて腎臓機能に障害をきたします。

 

尿が出なくなり、

肝臓や脳、凝固系の障害など、

多臓器に障害が起きて亡くなることもあります。

 

heatstroke

 

治療はどのようなものか?

全身管理のもと、

輸液による水分と塩分の補給とともに、

体を速やかに冷却します。

 

体温をいち早く40℃以下にすることが不可欠です。

 

冷却方法として最もよく用いられるのが、

全身の表面を水で濡らして扇風機で風を送るという方法です。

 

気化熱を奪うことで体温を下げる方法です。

 

昔は全身にアルコールを塗って

蒸散熱によって冷却する方法が行われていました。

 

しかし引火の危険があること、

蒸散熱はアルコールよりも水の方が効率が高いことなどから、

現在はアルコールは用いられなくなりました。

 

他には胃チューブ挿入後に冷水を灌流する方法もあります。

 

スポンサーリンク

 

症状が治まっても内科を受診することが必要

 

熱射病は、

全身の臓器に影響を及ぼしている危険性がある病気です。

 

たとえ症状が治まっても、

翌日から無理をしてはいけません。

 

体温が異常に高くなると、

大腸菌でつくられた内毒素が血液中に漏れ出て、

体温が正常に戻っても身体の抵抗力が弱まるという研究結果もあります。

 

熱射病に罹ったら、

症状が治まったと思っても内科を受診してください。

数日はペースダウンした生活を送って身体を労りましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ