熱射病の症状と生あくびの関係について!

夏といえば、暑い!

毎年本当に暑いですよね。

 

天気予報を見ても、

うんざりするくらいの気温が表示されますよね。

 

そんな猛暑ときってもきれない病気が、

熱中症です。

 

熱中症は、

暑い環境で生じる健康障害で、

以下のように分類されています。

 

熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病です。

 

熱中症は、暑い夏はもちろん、

梅雨時にも多くおこりやすいです。

 

また、

炎天下の屋外はもちろん、

熱のこもった室内でもおこります。

 

症状のなかで、

一番思って重い「熱射病」についてみてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

熱射病の症状は?

・体温が高い

・意識障害

・呼びかけや刺激への反応がにぶい

・言動が不自然

・ふらつき

 

このような症状があらわれます。

体温の上昇のために中枢機能に異常をきたした状態です。

 

意識障害(応答がにぶい、言動がおかしい、意識がないなど)がみられたり、

ショック状態になる場合もあります。

 

暑い状況で、

だるさを感じたり、

生あくびが出る、

頭が痛い、

気持ち悪いなどの症状は、

熱中症の初期症状になります。

 

少しでも、

身体に異変を感じたら、

涼しい場所に行き、

身体を休ませましょう。

 

heatstroke

 

この時点で、

「大丈夫」「気のせいだろう」と対処をせず、

放置していると、

症状が悪化する可能性があります。

 

また自分なら体調の悪さを感じて、

熱中症対策をするなど予防できますが、

子供や高齢者、

特に乳幼児はそうはいきません。

 

顔色を見たり、

生あくびをする、

ぐったりしている、

など症状が出ていないか、

周りの大人がよくみていましょう。

 

生あくびは、

脳梗塞や狭心症などの病気が隠れている可能性もあります。

 

生あくびが1日に何度も出るなど、

熱中症の対策をしても治らない場合は、

医療機関でみてもらってもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

いかがだったでしょうか?

 

熱射病は、

予防できる病気です。

 

暑い日は無理に出かけない、

室内で暑い場合は、

無理せず冷房を活用する、

外出する場合は、

水分(少しの糖分や塩分を含んだもの)補給、

こまめな休憩をとる、

などいろいろ気をつけましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ