百日咳の治療薬は!大人は自然治癒で大丈夫?仕事への支障は?

百日咳には
治療薬として
ミノマイシンや
ジスロマックという
抗生物質があります。

抗生物質とは
細菌に対して
直接効果を与えることが
わかっている物質のことです。

 

スポンサーリンク

 

治療薬・ミノマイシンとジスロマック

細菌が生存できなくさせる効果を持っています。

ミノマイシンや
ジスロマックの場合は
細菌がタンパク質を合成するのを
阻害することにより増殖するのを防ぎます。

 

高濃度の抗生物質は細菌を死滅させる効果もあります。

 

ばい菌とウィルス

 

副作用が生じることもあるのですが、
基本的に安全に使用できるようになっています。

ただし、
症状がある程度進行している場合には
症状を治すことはできません。

それでも細菌の増殖は
防ぐことができるため、
意味はあります。

基本的に百日咳は
ワクチン接種を
受けたことのある方については
安心できます。

また、
大人の場合は症状が軽いことが多いため、
気がつかないケースもあります。

症状が軽いのであれば
自然治癒することができるのですが、
周りに菌を感染させてしまうことになるため、
きちんと治療をするべきでしょう。

 

スポンサーリンク

 

定期的なワクチン接種

ワクチン接種に関しては
10年ほどで効果がなくなってしまうため、
定期的に受ける必要があります。

ずっと咳が出続けることになりますが、
仕事をすることは可能です。

ただし、
他の人に菌をうつしてしまわないように
マスクをすることは大切でしょう。

マスクによって
菌が空気中に飛び散ってしまうのを
防ぐことができます。

また、
きちんと薬を飲むことによって
体内の細菌が増殖するのを抑えることも大切です。

もし咳が出るようになり、
しかもそれが何日も経過しているのに
治らない場合は病院へ行って診断してもらいましょう。

ひょっとしたら
百日咳にかかっている可能性が
あるかもしれません。

百日咳の診断は病院へ行って、
検査を受けることによって確定診断ができます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ