百日咳の大人の症状は熱が出る?感染を防ぐには予防接種オススメ!

百日咳はしつこく咳が続いてしまう病気であり、
子供がかかるものだと思われていますが、
最近では大人の患者の方が増えています。

ある調査では
患者の中で16歳以上の割合が
3分の2であるとされています。

スポンサーリンク

 

百日咳に感染すると?

 

百日咳にかかった
患者の咳の中にはウイルスが
含まれており、
これを吸引してしまうと感染します。

喉が痛む女性

 

すぐに発症するわけではなく、
感染してから
1週間から10日程度までは
潜伏期間となっています。

最初はかぜと似たような症状が出るため、
百日咳とは気がつかないケースが多いです。

しかし、
徐々に痙攣性の咳が出るようになり、
息を吸った時に
ひゅーという音が出るようになったり、
夜間に発作が起きます。

ただし、
これらは主に子供に見られる症状であり、
大人の場合には
特徴的な症状が出ないことがほとんどです。

もちろん、
乳児と同じような症状が
大人でも出ることはあります。

けれども、
基本的には
重症化することはありません。

そのため、
大人が百日咳にかかってしまったとしても、
診断をするのが難しく気がつかないケースもあります。

 

スポンサーリンク

 

大人の症状について

大人が百日咳にかかると、
咳をした時に子供が感染してしまう
危険性があります。

したがって、
子育てをしている方は
自分が百日咳の疑いがある場合には、
すぐに治療をして、子供に移さないようにしましょう。

感染を防ぐためには
ワクチン接種が一番良い方法となります。

過去にワクチンを
接種したことがあったとしても、
予防効果は10年以上経過すると消えてしまいます。

不安のある方は定期的にワクチン接種を受けるべきなのです。

過去に自分がいつ百日咳のワクチンを
接種したのかを確認しておきましょう。

そして、
抗体が減少する時期に合わせて
再びワクチンを接種することによって、
常に抗体を体内に保つことができます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ