赤ちゃんの百日咳の症状について!治療や感染経路は?

赤ちゃんは色々な病気に
かかってしまう可能性があります。

病気の種類によっては
死に至る危険性のあるものも
存在するため気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

 

子供が病気で命を落とす事もある!?

 

病気についての
正しい知識を身に付けることができれば、
どのような事態にも対処できます。

また小さい頃にきちんと
ワクチン接種を受けさせることによって、
子供が病気で命を落とすリスクを軽減できるでしょう。

子供がかかりやすい細菌性の病気の一つが百日咳です。

この病気にかかってしまうと
ずっと咳が続くようになります。

特に乳幼児の場合には合併症を
引き起こしてしまうこともあります。

重症化する可能性があるため、
早めにワクチンを接種することが大切です。

 

風邪の赤ちゃん

 

百日咳の特徴的な症状として
発作性痙攣性咳そうというものがあります。

ただし赤ちゃんの場合は
このような特徴的な咳が出ない場合もあるため、
気をつけてください。

診断をするのが難しく、
単なる風邪として判断されることもあるため、
きちんと確定診断を受けるべきでしょう。

 

スポンサーリンク

 

マクロライド系抗生物質

 

百日咳の治療法は抗生物質を飲むことです。

マクロライド系抗生物質が使われることが多いです。

感染してから初期の段階で
薬を使うことができれば軽快させることが可能です。

しかし、
ある程度症状が進行しないと
百日咳であることを診断するのは難しくなります。

特徴的な症状が出るようになってから
薬を飲んだとしてもその症状は治まりません。

それでも、
薬による除菌効果があるため、
菌を体外に排出させることができます。

2週間程度に内服を続けることによって、
やがて回復するでしょう。

咳止めを飲んだとしても、
咳が止まることはありません。

また、
赤ちゃんに咳止めを飲ませてしまうと
呼吸停止してしまう可能性が
あるため気をつけましょう。

医師の指示にしたがって薬を飲みましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ