脱水症状の症状!子供は発熱が続く?予防に効果的なのは×××だった!

暑い時期になると気になるのが脱水症。小さなお子さんが居るところでは不安が絶えない季節かと思います。

しかし、症状や予防策を把握している事で、家族を熱中症から守ることが出来ますので、脱水症状に対する知識を頭に入れておくことはとても重要です。

 

スポンサーリンク

 

脱水症状になる原因

脱水症状とは、本来、人間の体に入ってくる水分量と、出て行ってしまう水分量をバランス良く保っています。それが何かの原因でバランスが崩れてしまう事で起こるのが脱水症状になります。正確に言うと水分と電解質が失われた状態で起こる症状です。ナトリウムイオン、カリウムイオン、カルシウムイオンの不足が脱水症状を引き起こします。

水分をきちんと取らずに過ごしてしまったり、汗を大量に出してしまったり、体調不良により、下痢や嘔吐などといった余計に水分を出してしまう事で脱水症のリスクは上がります。

 

summer

 

脱水症状はどのような症状なのか?

脱水症状は重度により症状は様々です。軽い場合はめまいなど、中、高度になるともっときつい症状の、頭痛や意識障害に襲われたりします。脱水症状が重いと、汗と尿の量が減少していき、体温が高くなる傾向があります。そして一番重度の状態では、臓器血流が減ってしまい、臓器不全を引き起こしてしまい、ショック状態と陥ります。

 

▶︎赤ちゃんや子供の熱射病の危険性や怖さ!大人よりも危険って本当?

 

スポンサーリンク

 

脱水症状を防ぐ予防策は?

脱水症状にならない為には、水分補給が大事となりますが、ただの水ではなく、水分と電解質をきちんと補給することが大事となります。

手軽に予防になるのは、汗などを掻いた時には頻繁に市販のスポーツ飲料などを補給する事で対応できるでしょう。また、脱水症状があらわれてしまった場合は経口補水液を取り入れるのが良いでしょう。

ナトリウムイオンが多めに含まれてますので、予防では約80mg程度の、症状が出てからの給水は120mg程度を含んだ経口補水液を選ぶと良いでしょう。重度になると死にも至る病気ですので、こまめに電解水の補給をを心がけ、健康に厚い時期を乗り越えましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ