スギ花粉皮膚炎の症状!肌を守る為のするべき事は?

スポンサーリンク

もはや国民病といってもいい花粉症。

目のかゆみ、鼻水、くしゃみといった症状がよく知られていますが、肌にも影響が起こるってご存知ですか?

kafun

花粉症で皮膚炎が!? 激しい肌のかゆみが起こる?

花粉の季節にまぶたや鼻の周り、首の回りなどにかゆみを感じたり、ひどい肌荒れを起こしたり、赤く腫れてしまった経験はありませんか?

これは「花粉皮膚炎」と呼ばれる花粉症で起こる皮膚炎の可能性があります。

花粉皮膚炎が起こる原因は2つのパターンが考えられます。

ひとつは単純に、アレルゲンである花粉が皮膚に付着して、接触性アレルギー皮膚炎を起こしている場合です。

もうひとつは、目のかゆみや鼻水といったほかのアレルギー症状が起きた場合、目をこすったり鼻をかむといった肌への刺激を与えすぎることがあります。

この刺激が肌の炎症やかゆみを引き起こす原因になります。

特に、花粉の飛散量が多い時期は乾燥しやすく、肌のバリア機能が低下しがちです。

肌が守られていないために、花粉が肌につくとアレルギー反応を起こしやすく、また刺激にも弱くなります。

スポンサーリンク

▶︎スギ花粉対策!原因となる杉と花粉対処法は?

花粉皮膚炎から肌を守るために

あまりに炎症がひどい場合は、皮膚科を受診して治療することが必要です。

しかし、まだそれほど症状が重くない場合には、セルフケアで予防や緩和が可能です。

花粉皮膚炎の原因には、乾燥肌による肌のバリア機能が低下していることが、第一に考えられます。

バリア機能というのは皮脂のことですが、洗顔料や石けんなどで洗いすぎると必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

洗顔料をマイルドなものに変えるか、洗顔料を使う頻度を減らす(たとえば朝の洗顔はぬるま湯だけですます、など)といいでしょう。

保湿は念入りに行うことが大切ですが、敏感肌用の基礎化粧品に切り替えた方が肌への刺激が少ないです。

特におススメできるのがワセリンで、肌の保湿とともに花粉が直接肌に付着するのを防いでくれます。

さらに、できるだけ肌の露出を控えることが大切です。

特に帽子とストールなどの首回りを覆う小物がおススメです。

帽子は家に入る前に上着と一緒に軽くはたいておくと、室内に花粉を持ち込むのを防ぐことができます。

▶︎花粉症の頭痛にはアレグラが効果的なのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ