スギ花粉の薬はいつから飲むべき?早めの対処法が効果あり?

スポンサーリンク

寒い時期から、気になるのが、スギ花粉です。

スギ花粉に反応して、目が痒くなったり、鼻水や鼻づまりに悩まされる人は、非常に多くなっています。

薬局には、そろそろ花粉症の薬が並べられています。

スギ花粉の薬は、いつから飲むべきでしょうか?

sugi

 

症状が現れてからでは遅い⁈薬は飛散の2週間前から飲むのがオススメ

スギ花粉の薬は、症状がひどくなってから飲んでも、あまり効きません。

花粉症は、スギ花粉などのアレルゲンが体内に入ることで発症します。

すでにアレルゲンが入っていると、薬の効き目は、あまり期待できません。

花粉症の症状が比較的ひどく、中等症以上の人は、症状が出てから薬を飲んでも、効果的に症状を緩和することはできません。

中等症以上の花粉症に悩まされる人は、いつから薬を飲むと良いでしょうか?

オススメは、症状が現れる前。スギ花粉が飛散し始めると、すぐに症状が出ますので、正確には、スギ花粉が飛び始める前が、適当です。

オススメは、スギ花粉が飛散を始める2週間前。

スギ花粉が飛び始める2週間前から薬を飲んでいると、花粉症の症状を軽減することが可能です。

早めに飲み始める薬は、抗アレルギー成分を含む、第2世代抗ヒスタミン剤が適しているとされています。

スポンサーリンク

→腸内環境を改善すると花粉症予防になるのは本当?

 

関東地方ではスギ花粉の飛散のピークは2月初旬から

スギ花粉が飛び始める2週間前からというと、具体的には、いつから薬を飲み始めると良いでしょうか?

実は、すでに薬を飲み始めて良い時期になっています。

北海道と沖縄を除き、他の地域では、スギ花粉は2月に入ると飛び始めます。

飛び始めると同時に、飛散量はピークに達します。

特に関東地方は、他の地域よりも若干早くピークを迎えます。

関東地方では、スギ花粉の飛散量は、2月に入ると同時にピークに達します。

そのため、花粉症の薬は、1月中旬から飲みだすのが良いとされています。

→スギ花粉皮膚炎の症状!肌を守る為のするべき事は?

 

花粉症の人の7割がスギ花粉アレルギー!くしゃみが多かったらスギ

花粉症で多いのは、スギ花粉とヒノキ花粉です。

スギ花粉とヒノキ花粉は、ピークの時期がかぶります。

花粉症の患者の7割はスギ花粉アレルギーとされています。

ただし、スギ花粉にアレルギー反応を起こす人の7割近くは、ヒノキ花粉にもアレルギー反応を示すと言われています。

花粉症の症状が出て、スギ花粉に反応しているのか、ヒノキ花粉に反応しているのかを見分けたい時には、ひどい症状が何かを見ると良いとされています。

くしゃみが多い場合はスギ花粉、目のかゆみがひどい場合はヒノキ花粉に反応しているとされています。

スギ花粉は、4月になると徐々に飛散量が落ち着きますが、関東地方は5月になっても要注意です。

→スギ花粉対策!原因となる杉と花粉対処法は?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ