秋の花粉症は植物!11月はいつまで?喉の痛み・肌荒れ・せき・頭痛対策は

近年、
秋の花粉症という言葉が
広く使われるようになりました。

秋は花粉など飛ばないだろう、
という認識が強いものですが、
植物の花粉は1年中飛散している状態でもあります。

スポンサーリンク

菊の花の花粉

秋の花粉の代表的な植物は、
キク科の植物が多くあるようです。

正月花

秋になっても菊の花が
綺麗に咲いている光景を見かけます。

そして、
非常に身近なキク科の植物として
「ブタクサ」という花が挙げられると思います。

ブタクサは細長くて細かい花が沢山咲きます。

道端の雑草として
とても良く見かける花でもあります。

都会でも田舎でも、
所構わず生えているのが特徴です。

地域によって開花時期は少しずつ違いますが、
10月中旬から11月中旬頃まで、
花粉の飛散がピークになるとも言われています。

キク科の植物の花粉は、
人によって酷い症状の
アレルギーとなっているのも事実です。

喉の痛み・咳・くしゃみ・鼻水・頭痛等
比較的症状は多岐にわたって
発症する傾向もあります。

スポンサーリンク

花粉対策は濡れマスク?

対策方法としては、
マスクを着用する方法が一番定番です。

秋は特に乾燥の季節でもありますので、
乾燥によって露出している部分の
肌の痒みや湿疹が伴う人もいます。

最近よく取り上げられていますが、
乾燥から喉を保護する効果が得られる
「濡れマスク」も効果的です。

喉を保湿する事で、
咳の症状が少し改善され、
予防にも繋がります。

病院を受診して
アレルギー検査を受けるのも
方法のひとつです。

鼻炎や花粉症等のアレルギー検査は、
自分がどの物質に対して
過剰に反応してしまうのかという原因を
特定する事が可能です。

症状に合わせた薬の処方によって、
花粉症を悪化させない治療です。

1度発症してしまった花粉症は、
完治する事はありませんが、
症状を和らげたりする事は出来ます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ