花粉アレルギーで子供にじんましんが起こる原因は?対策は×××!

pollinosis

じんましんにはアレルギー性のものがあり、花粉に反応して症状が出ることがあります。

特に子供に出た場合、かゆみを我慢しきれずかきむしってしまいひどくなってしまうことも。早めの対策が必要です。

スポンサーリンク

花粉でじんましん症状を起こす人が急増中!

アレルギーは抗原となるアレルゲンが体内に入ったり、表皮に付着し続けた場合、異物と判断した体が抗体を作り出して追い出そうとします。

これは「抗原抗体反応」「免疫反応」と呼ばれ、アレルギーに限ってはこの反応が過敏過剰に起こることを指します。

アレルギー性じんましんでは、ヒスタミンという物質が発症のきっかけになることが多いです。

アレルギー性じんましんの悪いところは、呼吸器や腸などにも炎症などがあられることがあり、息苦しさや下痢などを起こすひどい症状が起きます。

花粉にアレルギーを持つ人が増え続ける昨今では、皮膚に花粉がついたり、花粉を吸入することでもじんましんが起こることがあります。

スポンサーリンク

▶︎花粉症に水素水は本当に効果がある?どんな事するの?

花粉アレルギーで起きるじんましん対策

皮膚に付着して起きるアレルギー反応を防ぐためには、アレルゲンがなるべく肌に付かないようにする必要があります。

子供の場合だと、多少寒くてもハーフパンツやスカートが多いかもしれませんが、じんましん体質の場合はなるべく肌の露出を少なくしたほうがいいでしょう。

外で遊ぶときは帽子があると髪に付着する花粉を防げます。

それから、花粉がずっと肌に付着している状態もよくありません。

帰宅後には手洗いうがいに加えて、洗顔も行うと予防には効果的です。

洗顔料は使わなくて結構です。

また、家に入る前に服は払う、花粉が付きにくい素材の服を選ぶなどの対策も効果的です。

それでもじんましんが出てしまった時は、病院に行くのが一番ですが、まずは安静にして炎症が起きているところを冷やしてあげましょう。

患部を圧迫させたり、振動などの刺激を与えると血行が良くなって症状が悪化します。

じんましんに限らずアレルギー症状はアレルゲンから遠ざけることが、症状を改善させる第一になります。

空気清浄機などで花粉に近づけないようにしてあげましょう。

▶︎春花粉の種類は?一番多く飛ぶ花粉はアレだった?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ